チーフ応援奮闘記 その8~Last~ 

~チーフ応援奮闘記その8~


やっぱりかずこは、夜中の3時頃までスーツケースと格闘していたご様子。
前回は、1週間共に過ごした靴をパリに置き去りにしたかずこ。
今年は何に別れを告げたのか。。。

さて、冷蔵庫の中身整理してお土産もしっかり詰め込んで、チェックアウトしましょう。
今年も本当に色々ありました。

ドイツの入国審査で、一人はぐれ行方不明になった なかむ~
あと2分遅かったら乗り継ぎできず、ドイツで1泊するところでした。。。

異国リヨンの地で生死の境をさまよった かずこ
 こんな我慢強い子は他にいません。かずこママ、あなたの娘は本当に出来る子です。

リヨンに着いた時すでに、スーツケースの足元部分が破壊されていた ゆきこ
 もう、少々のことでは何も動じなくなってしまったゆきこの器はどこまで大きく…?

研修の新境地を開いた まっつん
 MONOPRIで財布買ったら、出口で盗難防止装置が作動し、警備員につかまった。
 そんなミラクル、ありますか?
彼に関してはありすぎて、書ききれません。
このあとも仰天エピソード続きます。 

201106_30.jpg

チーフはこの日はパリへ移動で、TGVにて列車の旅です。
私達より1日遅れて帰国予定。

空港にて電話でお互い「気をつけて」と言い合い、それぞれの目的地へと向かいます。
この日はあいにくの空模様。
そういえば、最初のパリ研修の帰国便で強力な梅雨前線に突っ込み、すごいエアポケットに落ち込んだなぁ…こわいなぁ~…
そんなことを思い出しつつ、まっつんにお土産の買い忘れはないか確認。

「あるっす」と言い残し、空港を散策しだすまっつん。
かずこに、何を買いにいくの?と聞くと、どうやらある方からおっきなエッフェル塔を買って来いとの指令が下っており、パリで買えなかった…とのこと。

っていうか、リヨンでさ~ エッフェル塔なんか売ってる?
名古屋で東京タワー探すようなもんやんなぁ~ と、盛り上がっていたら
案の定、「ヤバイっす。無かったっす」と戻ってくるまっつん。

横に座り、静かにしてるから落ち込んでるのかなぁ~と思ったら、

201106_31.jpg

なんだそりゃ。
すっかり忘れて、豪快な爆睡。。。

ほっといて女子達でヤイヤイ騒いでから、離陸前に記念写真を撮ったら

201106_32.jpg

まだ寝てるっ!!!
そんなに…?

こんなに無防備で何も盗まれないって、きっとまっつんには幸せの守り神がついていたのでしょう。うらやましい限りです。。。


そういえば無事にドイツに到着し、出国手続で最後にとても幸せな出来事がありました。書いていいですか?

私の担当の審査官がカッコ良い感じのお兄さんでした。
じーっとパスポートを見てるから、ありえないくらい写真うつりの良い若かりしゆきこを見て、偽造パスポートと疑ってるのかと思って、「その人と私、別人?」って聞いてみました。

さらに、「彼女の方がとても若いでしょう?」とも言ってみました。

そしたら、笑顔で
「目の前のあなたの方が素敵ですよ」
…だって!!!!

ドイツの男性って素敵~♪
映画の1シーンみたいぃぃぃぃぃ~!
また絶対来ますぅ!ドイツぅ!!

まっつん、見習え~~~!!
 ぜぃ、ぜぃ、ぜぃ。。。。と言うわけで息も上がり、気分良く、フランクフルト空港の地を踏んだ次第でございます。

201106_33.jpg

そんな訳で、気分も良くなればお腹もすく。

もちろん食べなきゃソーセージー!!!

プレッツェルも美味しかったけど、このソーセージがまたビックリするくらい美味で、本当に絶対ゆっくり来たい国にランクインのドイツでした。

一方、まっつんは…といいますと。
まだエッフェル塔を探しています。

いやいや、まっつん。もう国が違うよ。こうなったら日本で買っても同じだよ。
そして私達の説得に、やっとあきらめた模様。

「でもいいのん見つけたっす。」と言って、取り出したるは車のオブジェ。

あぁ、ベンツとかのクラシックカーとか?なるほどね。視点を変えたのね。どれどれ。

…まっつん。これ、アメリカンクラシックって書いてるよ。
しかも2台とも。えっ?!1個1万円???!

まじで~?!
パリ行って、アメリカンクラシックって、意味わから~ん♪
絶対怒られるやろ~

…案の定、お渡ししたら「意味わからん」って怒られたようです。
まぁ、当然っちゃ当然なんですけどね。

この旅で彼の爆発規模の大きさには、毎度驚かされました。
こんなに隠し玉があったのかと感心です。

悪夢のような10時間のフライトもなんやかんやで終わり、関空に無事到着。
色々ありすぎて、疲れきったまっつんの顔。テンション低すぎ。

201106_34.jpg

もう何もないよね。だって帰るだけやもんね。
なかむ~と別れ、私達は大阪行きのリムジンを待ちます。

201106_35.jpg

ん?どうした?まっつん。


家はまだまだ先ですが…?
なになに?


「帰りのリムジンバスのチケットが無い。
行く時、往復券を買った。
片道1500円もする。
たしかに財布に入れた。
スーツケース開けてみたけど、やっぱりチケットは無い。」

だそうです…知らんがな~!!!

そりゃ、スーツケースには無いやろ~
もっかい財布見てみぃな。

…無いか。残念やな。
買わなあかんのちゃう?バス、乗せてもらわれへんで。

そう言われて、改めてチケットを買いにいく後ろ姿の虚しいこと。。。

余分な出費を重ね、無事にバスに乗り込みシートに落ち着く彼を見守っていたら、なんと

201106_36.jpg


茫然とした顔で、「あったっす…」
財布から出てきた出国時に買った往復券。

ありえへん!ありえへん!しっかり探せよ~!と、かずこと私は、椅子を叩きながら笑い死に寸前。
しかも10分後には…

201106_37.jpg

寝た~!!!!しかも財布、無防備~!
どんだけ寝る?時差ボケ?いやいや、出国前から寝てた。
ほんと、日本は平和で良かったねぇ…そして捨てられなくて良かったねぇ…
次、海外行った時はもっと自分で苦労してほしいもんですよ。

かずことなかむ~と私は、まっつんに翻弄されつつも、クープ・ド・モンドを満喫し、リヨンの歴史を満喫し、パリの未開地を満喫し、一瞬のドイツをも満喫しました。

また次に行くプランを妄想しつつ、私達女子のおしゃべりは尽きない。
ゆきこのブログがまだまだ続くことを願って♪

201106_38.jpg


垣本チーフ応援奮闘記 その7

~チーフ応援奮闘記 その7~

201106_11.jpg


さてさて。最終日の今日は、かなりのフリータイムです。
それぞれ行きそびれた店などを、各自まわるという、それはそれは今までにない画期的な研修日であります。

夜には何ヶ月も前から予約していた、夢のPOUL BOCUSEへと出向くので、なるべく早く帰ってきて、ドレスアップだの帰国準備だのに取り掛からなければなりません。

朝、チーフからメールがありました。
「今日、帰国か?」
「明日~」という私の返信には、無言の返答。
まぁ、いつものことなんですけど。凝縮された、私達のやりとり。
多分、「あ。そやった。」と携帯に返事していると思います。
この日は確か大会の後片付けって言ってました。めっちゃ忙しいのに気にかけてくれて。
世界の人になったけど、やっぱり私達のチーフはそのままです♪


201106_01.jpg

なかむ~は早朝パン屋に行くって言ってたけど、ちゃんと行ったのかな…?
かずことまっつんは、また大量のケーキを求めて出かけていきました。

私は、丘の上にあるリヨンのエッフェル塔を遠くに眺めながら、(リヨンのエッフェル塔は本当にパリのエッフェル塔を真似して作ったらしいです。)
ポール市場や、お目当てのショコラティエにお出かけです。

捻挫のため右足首の痛いゆきこは、何故かテーピング&湿布を常備しておりました。
予知能力か。。。?年々、海外研修の準備物は完璧になってきております。
しかしながら、せっかく足も痛いし(?)ちょっとフランスの薬局も行ってみたいな~と思い、まずは、Gare Part-Dieuにある大きなドラッグストアに潜入しました。

様子を伺っていると、薬を買うときは、日本と同じく薬剤師さんのような方に相談するようです。しかもレジで。だからレジの順番が回ってくるのが遅い。
フランスでは道を歩いていたら、至るところにドラッグストアがあるので、おそらく市民の利用頻度は相当高いのでしょう。大きい店はコスメもそろっており、なかなか楽しくお買い物が出来ます。
私のお目当て、フランスの湿布はといいますと…なんと!ありません。
無いというか、日本でクールキーパー(保冷剤)のような冷凍庫で冷やすやつとか、グーパンチしたら、中の何かが弾けて冷たくなるやつとか、そんなタイプの物だったらあります。
テーピングは色々ありますが、日本のように伸縮自在とか指用とか、贅沢な品揃えではありません。日本ってやっぱり凄いんですね~
日本で生活できる事を改めて感謝です。

テーピングを購入したあとは、予定通りポール市場へと向かいます。

201106_02.jpg

バレンタイン仕様の紅茶発見。パッケージが可愛いですね~♪

市場の中には食事が出来る小さいレストランなんかもあります。

201106_06.jpg 201106_07.jpg



ん~。お洒落!!!
こんなテーブル、家に欲しい!!
ピンクっぽい紫というか、藤色というか、この色めっちゃ流行っててリヨンでもパリでもディスプレイで多く使われています。綺麗なんですよね~ 私もすっかりお気に入って、自分の小物にもこの色が増えてきている次第です。

ここで買うのはSEVEのケーキ。前、マカロンしか買えなかったんですけど、ポルチーニマカロンとか、トリュフマカロンとか、あまりにも斬新すぎたので確認のために改めて買い物。

箱はキューブ型で面白くて可愛いですよね♪
わたし、タルトシトロンもミルティーユも大好きなんですよ。グラスにもロゴ入りです。
金色に輝くのはショコラムースらしい。食後にとっておきです。

201106_08.jpg


帰り道、気になるパン屋の横を通り過ぎる。

そうだ。昼ごはん買って帰ろう。そろそろホテルに戻っておみやげを詰め込まにゃならんし、冷蔵庫にたまっている食材も片付けにゃならん。
この店、前見た時はすっごい並んでたんです。
今日はすいてる!!らっきぃ☆
中には美味しそうなバゲットサンド発見。
即買い。



201106_09.jpg









そして予定通り向かったショコラティエはこちら。

1899年から続く老舗、そしてMOFのショコラティエ「PELEN」

マドレーヌ型ショコラやヌガーなどは昔から創り続けられた歴史あるアイテム。






201106_10.jpg 201106_13.jpg

板チョコがまた素敵なんですよ~
可愛らしい包みです。
ショコラの黒と、パッケージの金も統一感あってかっこいいです。

買うだけ買って、私の欲求は全て満たされた。
昼ごはんの時間もとっくに過ぎて、お腹はすくし、右足もなかなかの痛さ!
大人しく帰ろう。
そんな訳で一人リラックスタ~イム♪
テレビを見ながら、まっつんと一緒にフランスに来ていた事をしばし忘れる。。。
一人って気ラクだなぁ~なんて。


そして即買いしたバゲットはこちら。具だくさん!美味!!

201106_12.jpg

そしてオレンジジュースに、コーヒーに、冷蔵庫に眠ってたフロマージュに、マルシェで買ったフルーツに、ポテトチップスに、ケーキ。

そら太るやろ…って言うくらいの昼ごはんですね。
そうだ。ちょっとお土産並べてみよ。
スーツケースに入るのか?

201106_14.jpg
おぉ~  なかなかの量やな!しかもまだ、なかむ~邸にお菓子の山が置いてあります。
(ゆきこのお菓子です。なぜ、なかむ~邸に????なかむ~ ごめん。)
それと今日買ったショコラとか。
かさばる冬服も詰めこまないといけない。圧縮袋でどこまで薄く出来るのか?
しかしながら全然気分が乗らないので、なかむ~が帰ってくるまで一休み。。。
帰ってきたらしよ~っと!!


201106_11_1.jpg
では、やる気がでるまでの間、かずこ達の様子を見てみましょう。
わぁ♪遊園地が出来るのでしょうか?
観覧車の骨組みですよね。
きっと。
凄いもの見つけましたね、
アトリエ組!!素敵です。





201106_15.jpg 201106_16.jpg

 マンディアン 美味しそう♪ 紅茶もフランスの日常です


201106_17.jpg



← CD型ショコラ。
おもしろい!
でももうすぐ2月なのにサンタクロース…
フランス人、結構アバウト。


201106_18.jpg




マカロンもまだまだ健在!
マカロン30種も展開しているアルションとしては、ひと安心。




201106_19.jpg




お!青空研修の形跡。
ベンチでカットしている模様です。
PIGNOLの惣菜は
本当に美味しいんですよ。
なかなか良いもの食べてますね~
私の昼食とは大違いです。


201106_20.jpg


まっつんはリヨンの想い出も作ってもらえたようですね~
次いつ来れるか分かりませんもんね~
良かったですぅ

2人はケーキも大量に買ってきて、最終日にこんだけ食べれるのか…?ってくらいの量でしたよ。
気合が違いますね。

根性入ってますよ、アトリエ研修は!!
でもやっぱり青空研修は寒くて無理…ってつぶやいてました。
そら、そうでしょうね。

なかむ~も帰ってきたので、置き去りのお菓子達を頂きに行って、すこしティータイムをしながら、夜のスケジュールの打ち合わせを済ませます。
何度も言いますが、片付けとドレスアップがありますので。。。
かずこは大丈夫なんでしょうか?ぎりぎりに帰ってくる模様です。
きっとあの子は夜中に荷物詰め込むパターンですよ、きっと。

結局ゆきこのスーツケースにはお土産しか入りませんでした。多分それでも20kgは絶対あります。服は全て、圧縮袋に入れて手持ちのカバンに詰め込みました。あと入りそうにないものは、残念ながらリヨンに置いて行きます。
毎回、この重量制限にはホント振り回されます。(前回は多数の本が私の重量制限を振り回しました。今年は瓶とショコラです)

あぁ~ 自由時間も終わっちまった~!
でもリヨン最後の夜は、Poul Bocuseにて贅沢な一時を過ごすんです。
旅の終わりを三ツ星レストランで締めくくれるなんて、贅沢極まりないですよね。
もちろんテーマは「チーフ!お疲れさま!!!会」です。本人いませんけどね。
しかしいつも気持ちはひとつです。

201106_21.jpg


私達3人はいつも日本の某三ツ星レストランで、優雅にお食事とか行っちゃってるので、とっても楽しんでいます。一方、終始気配を消している彼は、かずこに一度ビストロ・ダ・アンジュに連れてってもらっただけなので、緊張の極致だと思いますよ♪

なかむ~が気分をほぐしてあげようと努力をします。

 「まっつんの好きな食べ物って何なん?」

 「俺、3大珍味があるっす!」  ←それを言うなら3大好物だろ…?

 「1位は…カレーっす!!」   ←順位あるんかい!なら、ベスト3だろが…

 「2位は…?」         ←無いんかいっ!!

 「あるっす。2位は豚汁っす」  ←急に思いついた上に、絞り込んだね~


 「和食が好きなんやね、3位は?」←なかむ~、優しすぎるフォローだぜ。

 「3位は…ピザっす!」     ←おいっ!!なかむ~のフォローを見事に踏みにじったなっ!!


201106_22.jpg
…というわけで、それを見ていたかずこの様子はこんな感じです。当然ゆきこは、←の突っ込みを入れているので、もっと鬼の形相です。


かずこ。ほら機嫌を直して♪ボキューズさんがいらっしゃったよ!!
ボキューズさん!ナイス登場!!私達のテーブルが一気に和みましたよ!!

もう結構なお歳なのに、まだまだ現役!カッコいい!!!
なんて素敵なお食事会でしょう。
存分に愉しまなきゃね~

201106_23.jpg
なかむ~ えらい。
こんな時でもしっかり研修モード。
アングルにはこだわる。

まっつんは、と言いますと・・・寝てる?
まさかね。画像はお見せ出来ませんが、どの写真も寝てるのかと思うくらい目が開いていません。

まっつん、眠いんならトワレットに行ってみたら?めっちゃ綺麗し、途中にボキューズミュージアムもあるし、キッチンも見れるし、暖炉もあるし、楽しいで~

この提案にまっつんも快く乗っかって、意気揚々とトワレットに向かいます。
3分経過。。。私の前の席は空いたまま。
5分経過。。。ん?ボキューズミュージアム、そんなに楽しいのかな?

そこへ、若いギャルソンが笑いながらまっつんを連れてテーブルにやってきます。
「He is lost away」
なんと!!店の中で迷子とは!!!トワレットはそんな遠くないし、めちゃめちゃ広い店でもないよ~ 迷子はパリで懲りたんじゃないのかよ~
フランス人にまで「ロストまっつん」って呼ばれてるよ~

そして彼は、2回目のトワレットも迷っていました。

それにしてもボキューズは愉しい!
あっという間の4時間。
フランス伝統のお料理、三ツ星たる所以のサービス、どのテーブルも笑いのたえない時間を過ごし、とにかくお腹もいっぱい!
デセール、食べ過ぎた。

また絶対来たいよね~ と、3人でこっそり誓いをたて、盛大にチーフの偉業を讃えたのでした。

201106_24.jpg 201106_25.jpg


ホテルに戻り、さぁ、明日は帰国。
早く寝ないと~  飛行機乗り遅れるワケにはいかない~
かずこはやっぱり、今から荷物詰め?
もう1時だよぉ~ 朝までには終わるようにね~
頑張れ~ 

酔っ払いのゆきこに励まされ、夜も深まる中、一人お土産との格闘をし始める かずこ。
健闘を祈る!!

垣本チーフ応援奮闘記 その6

~チーフ応援奮闘記 その6~

まだ外は暗く、日の出前。。。覚めやらぬ興奮の中、パリへ向かう私達。

201105_040.jpg


…しかしながら、とにかく眠い!!だって前の日もほとんど寝てないんですもん!!
そしてめっちゃ早起きやったし~
いつも眠たそうなまっつん、すっきり眼を覚ましてくれないと、パリはリヨンみたいにゆっくり歩けません。何が起こるかわからんで~

リヨンは平和だし、人も少ないし、メトロもA~Dの4本しか線がなくて、トラムを足しても全線7本。対して、大都会パリはメトロだけでも14本!!RERを足したら…
もうわかんないくらい走ってます。
地図も読めないまっつんは、はぐれたら一巻の終わり。。。
私の心に、悪魔がそうささやきます。うふふ。

TGVで揺られて着いたのは、Gare de Lyonの駅。一気に大都会って感じでテンションも上がります!


201105_041.jpg

さぁ!まっつん。パリ初仕事だ。
みんなのメトロチケット「パリヴィジット」を買ってくれ☆
憧れのラデュレで朝食するんだから急げ~♪


地下から地上へとあがると …わ~い!
無事今年もパリに上陸~!!

やっぱり何度来ても嬉しいねぇ。
私達女子組は一緒に2度目のパリなので、楽しくてしょ~がない!!

201105_042.jpg


一方、朝から緊張しっぱなしの彼はといえば…

あれ?まっつん?お~い。どこ行った?
まだ地上にでて20秒しか経ってないけど?あははは♪早くも行方不明!?
ベタすぎて笑けてきます。
も~ だから言ったやぁん。リードつけといた方が良いってさぁ~
そして、熱いうちに早速事務所に報告メール。
「パリ上陸20秒にてロストまっつんです。捨てまっつんしてもいいですか?」
案の定、冷静な事務所からは「あかん」との返事が。。。
仕方がないので、かずこに電話で呼び戻してもらいました。

目的とは反対方向から帰ってくるまっつん。さすが。

気を取り直して予定通りラデュレで優雅に朝食を。私はパリ研修1年目から言い続けてきた、ボナパルト店限定のブリオッシュフレンチトーストがど~しても食べたくて、コレだけは無理言って今回の研修に組み込んでもらいました。


おもしろハプニングもありつつ、やっと着いた憧れのラデュレ。
前回夏に来た時はまだ改装中で足組みとかありましたよ。
今回は、じゃ~ん♪

201105_043.jpg
すっかり綺麗になった建物がみえてきました。
やっぱり素敵です~♪

201105_044.jpg201105_065.jpg

ケーキもマカロンも美しく健在です!!
そしてやっと出会えたフレンチトーストはブリオッシュで仕上げたバターの香りが濃厚な、最高の朝食でした。

201105_045.jpg



← 研修の基本姿勢。








そして幸せにひたる安らぎの時間にまたもや爆弾が炸裂。。。
「フレンチトーストってなんすか?」
でた~!なんすかシリーズ。この旅で何度聞いた事か…

えぇ~ マジでぇ~~~?!!30年間、出会った事無いの?
うそやろ~?!…っていうか、知らんとフランス来たん?
…ってな具合でどんどん株を落とすまっつんなのでした。

どたばたの朝食後はラデュレの新作箱欲しさに、大量のマカロンを購入し、次なる店舗へと向かいます。

ポワラーヌでパンを買った(今晩の食料)あとは

201105_064.jpg

昨年オープンしたてのショコラティエ HUGO&VICTOR に乗り込みます。
とてもスタイリッシュな創りで、店内もフルーツや木の実などのディスプレイが色鮮やかになされています。
ジャン・シャルル・ロシューにて、たっくさんの動物ショコラ囲まれたり、映画の撮影に出くわしたりと(雨のシーンを撮るために、放水していました。パリは雨が降りませんからね~)、パリは本当に歩けば歩くほど楽しい街です。
201105_047.jpg
途中でほら!こんなのも見つけましたよ♪



← 携帯置き芝生





201105_046.jpg





可愛い お皿たち! →
なかむ~ お買い上げ。



そしてパトリック・ロジェやピエール・エルメを練り歩き、買わなきゃいけない、お目当ての物を買占めます。エルメはちょうど、オレンジフェアをしていました。私達はオレンジといえば夏…のようなイメージがございますが、こちらは季節感が違うのか、寒空の中さっぱり爽やかなオレンジタルトやケーキがケースをうめつくしていました。

201105_067.jpg201105_050.jpg


さらに面白いお店を発見!
こちらはあのリヨンの郷土料理「クネル」の専門店。

201105_049.jpg

スープもBIOの野菜スープが10種類くらいあって、クネルも20種類以上取り揃えています。イートインもできますが、なんとテイクアウトも出来るということで、私はスープもクネルも両方買って帰りましたよ!
スープが瓶入りで重いのなんのって!!まだ午前中なのに、今後のお土産に私の腕は耐え切れるのか?


そしてお楽しみお昼ごはんは、今年も…
あのアランデュカスプロデュースの「b」!

201105_051.jpg

前回、衝撃的なグレープフルーツジュースと、イワシのバーガーに出会ったことが忘れられなくて、今年も絶対食べるんだ~  という意気込みだけでやって参りました。


この日はちょうどお昼どきということもあって、中は行列です。
なんとか席を確保し、念願のグレープフルーツジュースとお昼ご飯を入手します。
食べたいものでお腹が満たされるって、なんて素敵なんでしょう♪
今年は最高の渡仏であります!!

さて、ここからはアトリエ組(かずこ&まっつん)と大人組(なかむ~&ゆきこ)に分かれて、パリを駆け巡ります。
アトリエ組は、もちろんまっつんのためにかずこがパティスリーを厳選しております。
私達はというと、昨年行けなかったところをゆっくりじっくり見てまわろうかな~なんて、優雅な半日を予定しております。

ん~ かずこ、病み上がりなのにごめんね。でも頑張って☆
私達…パリを満喫してきます!!!!! ばいばいき~ん!!

ということで、アトリエ組のダイジェストはこちら↓

201105_052.jpg


201105_054.jpg201105_055.jpg

201105_053.jpg201105_057.jpg

いやぁ~!さすがアトリエ!
パティスリーでの隠し撮り写真が大量に出てきますね。
なにやらお菓子に見えないようなのもありますが、これがパリの日常です。
そして、かずこの画期的なアングルには、画期的すぎて商品開発のなかむ~がいつも感心する次第です。

まっつんも無事、初パリ体験の証拠写真を撮ってもらえたようですね。
最後ルーブル美術館のピラミッドでは、あまりの嬉しさに自分もピラミッドを演じたようです(なんで…?)


201105_056.jpg

さて、私達はといいますと、


201105_058.jpg
13区の丘の上にある Les Abeilles へ
ここは、パリ中のパティスリーが美味しいと絶賛する、蜂蜜専門店です。
何種類あるんだろう?
大小、そして色もさまざまな蜂蜜がお店の棚いっぱいに並んでいます。
パン・ド・エピスや、蜂蜜を色々試食させて頂き、ラベンダーの蜂蜜とオレンジの蜂蜜、そしてパン・ド・エピスを購入しました…衝動買い。また瓶を買ってしまった。
今度こそかなりの重量です。

そして丘を降り、ふもとのパン屋でまっつんにお土産のクロワッサンを買い、またまた中心市街地へと向かいます。
まだまだたっぷり時間があるので、BON MARCHE へと繰り出します。

最高食材が集まるボンマルシェ。紅茶はもちろん、香辛料や、オリーブオイル、食材もフロマージュ、お肉、フルーツなどなど、楽しさ満載!遊園地のようなデパートです。
とりあえず、自分達の荷物が重たいので(ゆきこは特に瓶・液体物が多くあります)
カートを押してまわろう~ ということで、
特に何を買うでもなく3周くらい二人でフロアを巡回しました。

いいね~ この無駄な時間。楽しいじゃないですか!
そうだ!ここで晩御飯買ってかえらへん?どうせかずこ達は甘い物しか買ってないで。
3周めぐってようやく買うものが決まる私達。
みんなの晩御飯を仕入れて、意気揚々とGare de Lyon へと向かいます。
さらに調子に乗って、メゾンドショコラへ寄って行こう♪なんて言いながら、まるで帰宅途中のOLのようにショッピングを満喫しました~
(実際にはぐるぐる迷いながら、疲労感120%のただの迷子でしたけどね)
201105_059.jpg



ちゃんと着いた証、メゾン・ド・ショコラ





それでも待ち合わせ時間より1時間ほど早く、Gare de Lyon 駅に到着。
隣接するカフェTrain Blueにて、優雅にアトリエ組を待つ私達。
以前来た時、主のネコちゃんがいたな~ と思っていたら、なかむ~の足元をすぅっと通り抜けていくではありませんか!
主、健在です。なんだか嬉しいですね~

201105_060.jpg
こちらはカフェ定番のシトロン・プレッセ。
絞りたてのレモン果汁をお好みで水で割り、砂糖を加えるなどして楽しむドリンク。
オリーブがまた美味♪
これはほんとクセになります。

あとから到着したかずこにも飲んだ方が良いと、強要したほどです!


さぁ、無事に全員集合。
リヨンの我が家に帰って、晩御飯食べようぜ~

201105_063.jpg



← みんなのご飯はこれ~
豪華~
もちろんケーキもフロマージュもガレットデロワもまだありますぅ♪




まっつんのご飯はこれ~↓

クロワッサンの食べ比べです。
そういえば彼は出発前に、パリ&リヨンのクロワッサンを食べ尽くすと社長に約束していました。違い、ちゃんとわかってんのかな?
             201105_062.jpg







201105_061.jpg




だぁ~ お腹いっぱいぃ!!それにしてもハードだったなぁ~
瓶が重たすぎて、腕がちぎれるかと思ったぜ~
明日はリヨン最終日。荷物、そろそろ詰めとかないと、ちゃんと全部持って帰れるか不安。
お土産も考えて買わなくちゃ…と、いまさらながら遅すぎる決意を胸に明日へと備えるゆきこです。

垣本チーフ応援奮闘記 その5

~チーフ応援奮闘記 その5~

201105_001.jpg

さてさて、無事にシラ会場からリヨンを一人歩きしてきた まっつんと合流し、夜は居酒屋ブションにてリヨンの郷土料理を満喫だぁ♪ということで、繰り出したのはベルクール広場近くのマロニエ通り。
ブションが立ち並び、有名店には早くも行列が出来ております。

角地にある Le Caveau という大きくてお洒落なお店で、私達は前夜祭を開催することに決めました。
なかむ~が上司よりロゼワインを飲むようにと指令を頂いております。
忠実に守りつつ、慎重にメニューも選びます。

201105_002.jpg201105_003.jpg


サラダ・ド・リヨネーズは何度食べた事でしょう。。。
お店によって趣向もさまざまです。


201105_0031.jpg

郷土料理といえば
クネル!!
ここはグラタン風クネル。

サービスのスタッフの方も、退屈しないように色々話しかけてくださり、料理も地元の食材をふんだんに使ったシンプルなものが多く、高級レストランやビストロとは違った、普段の生活を垣間見ることができ、とても良い体験をしました。

ホテルにもどり、明日はとうとうチーフ出場の日。。。
早起きしないといけないから、出発準備を済ませて早々にベッドにもぐりこむ。
…………眠れない。
全然眠れない!自分が出場するわけじゃないのに、なぜか緊張するぅぅ!!
結局4時半ころまでうなり続け、6時前に起きました。

さぁ!眠いけど忘れ物なし!!準備は万端!!コーヒーでも飲もうか♪

…と思っていたら、ゆっくり私の部屋のドアがあく。
おや?かずこ。おはよぉ♪
はやいね。一緒に飲む?

私の問いに、顔面蒼白のかずこが無言で答えます。
顔面蒼白?…そうなんです!事件勃発なんです!!!
あんな楽しい宴の中、ただ一人、一晩かけて壮絶な恐怖体験をした人がここに…

「どうやら私、あたったみたいです。。。」
搾り出されるかずこの悲痛のささやき。
マジでっ?!!!!!!
何に?
フォア・ド・ボーか?卵か?野菜か?ショコラムースか?


201105_004.jpg




…まっつんか?








冗談はさておき、かずこは動けないくらいのひどい食あたりにあい、絶対行くと言い張るかずこのチーフ応援は、動けるまで見送らせる判断をしました。
泣きながら「昼から行きます」と告げる、かずこの無念を晴らすべく、私達は命をかけてかずこの分もチーフの応援をすることを誓ったのでした。

チーフは朝から氷を彫っているので、朝一番に会場入りしなければなりません。
8時には飛び込み、昨日の経路をダッシュで攻略し、チーフの姿を探します。

201105_005.jpg


…いた~!!
ちょうど彫り始めるところ!!
カメラに捉えられています。
早くも世界から大注目です。





201105_006.jpg


一回「ちぃふぅ~!!!」と旗を振りながら大声で叫んでみました。

おぉ。聞こえてる。
ちゃんと、手を振って返事を返してくれました。
けっこう、余裕…♪


練習より高いところに氷があるためとっても彫りづらそう…
しかしながら
世界の大舞台で堂々と作品を創りだすチーフは本当にカッコいいと思いました。
そんなとき、なんとフランスのテレビ局の方が私にインタビューさせてくれと近寄って来たではないですかっ!!

チーフのおかげで、私は晴れてフランスメディアデビューとあいなりました☆

リポーター 「彼は日本で有名ですか?」

ゆきこ   「もちろん!!一番有名です!…大阪で!」    ← 嘘はつけない。。。

リポーター 「大阪から来たのですね。あなたは何故応援にきたのですか?」

ゆきこ   「彼は大切な友達であり、私のパートナーです。一緒に働いている仲間達と来ました。」      ← よくこの文章すぐ浮かんだな…と自分で感心。

リポーター 「あなたにとってここに来る事は重要な事ですか」

ゆきこ   「…私が?…重要?」    ← 急に難しいこと聞くね。

リポーター 「そうです。あなたにとって。」

ゆきこ   「もちろん。私達は長い間一緒にパティスリーで働き、彼の事をよく知っています。私は今日彼が勝利を勝ち取ることを信じています。そんな彼を応援しに来たのです。」
      ←英語やっててよかった~

201105_007.jpg



そんなこんなで旗も大きく映してもらい、チーフがお世話になっていた大阪の製菓学校リヨン校の先生達にも囲まれながら、無事フランスにALCYON の文字を配信いたしました。





201105_011.jpg




ある程度彫りあがったら、今度は展示室へ移動して最後の仕上げをします。
近くで見れるという事で、私達も大移動~!!

201105_013.jpg
                     
← 彫刻が運ばれてくるところ。
ココで壊したら一巻の終わりです







201105_012.jpg


見えにくいかとは思いますが最後の右手の部分とか剣の接合などを 冷凍庫の中で行っています。→









201105_014.jpg


← 完成!!
チーフの作品の周りには本当にたくさんの方が集まっていました。お世辞ぬきで。
海外のメディアの方達もカメラを向けていましたよ。
私も、このときチーフの作品が一番繊細で綺麗だと思いました。




                     
グラスアントルメを仕上げる為か、仲間の作業を手伝う為か、チーフは颯爽と中のブースへと戻って行きました。



201105_015.jpg


所狭しと選手3人が作業を進めます。

201105_016.jpg201105_017.jpg
201105_018.jpg

言ってる間にチーフのグラスアントルメ登場の時間です。
私達の応援旗もビッグビジョンを独占します!


おぉ~!!私達も初めて見るチーフの作品。すごい~ あんなんやったんや~☆
食べたいぃぃ!!!

…この願いは帰国してからチーフに頼んだけど、結局叶わず。
しかしながら、アイスは無理やけどケーキならいけるっ!ってことで、19日よりクープドモンド出品作品として販売を開始しております。
皆さま、是非「世界でただひとつの味」をアルションにてご堪能ください。

昼過ぎには、食あたりと死闘を交わしたかずこもなんとか復活して、会場入り。
水さえも飲めず、脱水症状と闘いながら彼女は命がけで午後からの応援を頑張りました。


19時。発表の瞬間。3位から順に称えられます。
しかし最後の優勝まで「JAPON」の声は聞けませんでした。
長い長い闘いの末、日本は4位。

鍋田選手のピエスも中山選手の飴細工も、日本らしく繊細で本当に美しい。。。
大きなトラブルもなく、日本代表選手は本当に素晴らしい作品を創りあげてくれました。
そしてチーフは氷彫刻で世界1位という偉業を成し遂げました。
パティシエ達の熱き想いをこの1年間目の前で見させて頂いて、本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

201105_019.jpg


3人が書いた意気込みをずっと後ろから見ながら、心から感動した長いようであっという間の10時間でした。

そういえば結果発表前に、選手達が一度応援ブースの前まで来てくれました。

でも彼らはアイドルのように大人気で写真を撮られまくって、囲まれてるんです!

突然の光景に驚いて遠巻きに見てたんですけど、やっぱり一言声をかけたくて、なんとか人ごみを通り抜け、チーフの所までたどり着きました。
普段なら上のアトリエにいて、すぐにいろんな話ができるのに~ 
なんだか急に遠い存在になっちゃって…なんて思いながら。

そういえば、出発前に「楽しんでくるわ」と言ってフランスへ飛び立ったので、私は「楽しかった?」って聞いてみました。
「しんどかったわ~」と答える普段どおりのその声は、やっぱり楽しそうだったのですごく安心しました。
そしてまたすぐに人ごみの中へと、アイドルのように囲まれるチーフを見守る私達なのでありました。

201105_020.jpg


(左から チーフ 中山選手 鍋田選手)

大会のあとには、各国の作品を展示しているブースに入る事ができ、ゆっくりと世界の作品を間近で見ることが出来ました。
まっつんとかずこの、今後の作品にも良いヒントが得られればいいなと思います。
選手や関係者の方々はこの後パーティーがあるらしく、ブースの中で歓談されています。
もちろん、うちのチーフも。
いいなぁ~なんて思いながら、私達は会場をあとにしました。

201105_021.jpg


そういえば…帰り道、結局1日何も食べなかった事に気づきます。

そして帰ってもなにもない。

弱っているかずことまっつんはタクシーで帰らせ、私となかむ~は買出しに行きました。
その途中、立ちっぱなしで疲れていたのでしょうか。。。ゆきこは右足を綺麗に捻挫して歩けなくなり、帰り道上の目に付いたものを買って帰るという、なんとも申し訳ない晩御飯となりました(実は未だ痛みを伴っております)。

とにかくとにかく楽しくてドキドキして悔しくてホッとした…長い長い一日でした。
かずこに至っては、昨晩からずっと闘い続けていたので想像を絶する長さであったに違いありません。
気持ちを切り替えて翌日はパリに研修の予定です。TGVは早朝6時発。
かずこの胃は…? ゆきこの右足首は…? なかむ~はこんな3人の面倒をみれるか…?
まっつんは、本当にパリで捨てられるのか…?

とにかく身体を休めるべく、ベッドにもぐりこむ私達。
チーフにいつもどおり「お疲れ」と言いながら眠りにつきました。

新人パティシエ 銅賞

201104_051.jpg



アトリエアルションの大村くんが新人パティシエのコンテストの飴細工部門で銅賞を受賞しました。

過去には先輩も受賞した賞です。

テーマは“京都”
桜のはなびら一枚一枚飴です。

惜しくも受賞はなりませんでしたが久保さんもマジパン細工で出品。

両方ともアトリエアルションの店内に飾ってありますので、ぜひご覧くださいね。

201104_052.jpg