生駒のあたらしい味『はちみつ茶筌』誕生!

15日におこなわれた
『生駒市の新しいお土産コンテスト
~あの人に贈りたい いこまの美味~』の特別賞に
ブーランジェリーアルション東生駒本店の
『はちみつ茶筌』が入賞しました!!


このコンテストは生駒市が開催する、新たな生駒の名産を作り生駒を盛り上げていこう!というもの。
生駒生まれ生駒育ちのアルションとしては聞き逃せない!!と参加に踏み出しました。
・・といっても奈良のアルションはご存知の通りブーランジェリー、そうパン屋さん。
お土産・・?と一瞬思いましたがパン一筋の自分たちが作れるのはやっぱりパンしかないだろう!!ということでパンをこねはじめました。

作るのはアルション東生駒本店の森本秀!!

これはアルションきってのパン好きでございます。
もともとはビストロ・ダ・アンジュでフレンチをしていましたが奈良生駒にブーランジェリーアルションをオープンするときに駆けつけ、それからずっとただひたすらにパンを焼いている職人です。
以前社内の遠足で三重の牧場にいき、そこで体験教室として「ソーセージ作り体験」「パン作り体験」を参加者全員がそれぞれ選べたのですが迷わずパン作り体験を選んでいたのが印象的でした。
すでにプロなのに・・毎日パン焼いているのに・・さらに・・。


話は戻り『生駒市お土産コンテスト』ですが、出品可能条件は「生駒の自然やゆかりが感じられる、生駒の水・お酒・蜂蜜・米・野菜等を使った完全新作」であること。

森本が編み出した新作がこちら!『はちみつ茶筌(ちゃせん)』

カワイイ・・

生駒山の山桜からとれる「吉岡養蜂園」さんのハチミツの力強いコクと香りを活かした自家製のカスタードクリームとブランデー漬けの渋皮マロンを丸ごと1粒、ブリオッシュ生地で包み、生駒名産の茶筌(ちゃせん)の形に見立てて作りました。
上には大和茶のゼリーをかけて。大和茶のほろ苦さがハチミツとマロンの甘さを引き立てます。

丸ごと一粒入ったマロンがほっくりとしておいしいです。
ハチミツはべたべたせずに上品な甘さを出していて、奈良のしとやかなイメージにぴったり。
ブーランジェリーアルション東生駒本店での販売は近日予定!
コロンとかわいい茶筌を見かけたらぜひお買い求めくださいね。

ブーランジェリーアルション東生駒本店

ごまたまごブリオッシュ よーいドン!

20111006_7.jpg


「ごまたまごブリオッシュ」
ごまが入ってると思ってました?

実は私もそう思ってました。

違うんですよ。
ごまを食べて育った鶏のタマゴ「ごまたまご」を使ってるんです。

と、テレビでも言ってました。
10月24日関西テレビ AM9:55~AM11:25放送
「よーいドン!」

アルション東生駒店です。フランス国旗がキレイにはためいています!

20111006_8.jpg

ああ~。焼きあがったごまたまご、おいしそうです

20111006_11.jpg

グルメライター山内早月さんのオススメの食べ方、まずハチミツをとろーり

20111006_9.jpg

そしてアイスクリームを挟むっ!

20111006_10.jpg


いや~ん!おいしそうっ

コレ、おいしくないわけがないと思いません?

ぜひいっぺんトライしてみてください。
私もやります!

土曜日だけのお楽しみ!稲蔵トーストを大阪でも販売いたします

200912_01.jpg


パン好きの方に朗報です!

これまで奈良、生駒でしか販売していなかった東生駒アルションのパンが期間限定ですが大阪でも買えるようになりました!
大丸心斎橋店のプティアルションで毎土曜日、稲蔵トースト、稲蔵玄米トーストを午後3時より販売いたします。
米粉を混ぜ込んだ生地でもっちりとした食感を実現した稲蔵トースト、より健康を重視した稲蔵玄米トーストは、奈良のアルション各店で長い間お客さまの絶大な支持をいただいているアルションの代名詞と言えるほどの自信作。
12月12日の土曜日が第1回目の販売でした。
12月の販売は19日、26日。年初の1月2日はお休みさせていただきます。
数量に限りがあるため売り切れしだい終了となります。
土曜日はぜひ大丸心斎橋店プティアルションまでお越し下さい!

200912_02.jpg

夏休み子どもパン教室

こどもパン教室

暑い暑い夏休み真っ最中の8月18日、登美ケ丘のアルション ラ・メゾンで小学生対象の子どもパン教室が開催されました。
当日集まってくれたのは小学一年生から六年生の12人。男の子6人女の子6人のちょうど半々。
持参のエプロンに、かわいいコック帽(これはおみやげに持って帰れます)で、すっかりかわいいパン職人さんに変身した子どもたちは、始まりの3時半にはちょっと緊張の面持ちで席に付きました。
子どもたちと同じく、ラ・メゾンスタッフにとっても子どもパン教室ははじめてのイベント、同じように緊張しております。準備は万端だったか、時間どおりにちゃんと進行できるか、子どもたちは楽しんでくれるか。ともあれ、記念すべき第1回パン教室の開始です。

pane3.jpg
今日はピザとアンパンマンの2種類のパンを作ります。

まずは講師のラ・メゾンパン職人の森本先生からごあいさつとパンができるまでのお話から始まりました。お話を聞くのはやっぱり難しかったかな?それよりみんな早くパンを作りたくってウズウズの顔してました。
だって目の前に、粉が用意されているんだもん、早いとこ作り始めたいよね。
森本先生の模範演技(?)のあと、おまちかねパンこね開始。
粉にオリーブオイルを加えた水を入れて、力いっぱいこねます。これがなかなか丸まってくれないのですよね。ここでアルション助っ人スタッフ3人が登場。子どもたちのお手伝いをいたします。
pane2.jpg

あらかじめ寝かせて発酵させておいた生地とチェンジし、まずはアンパンマン作りにとりかかります。
アンパンマンの生地は大きいのひとつ、小さいのみっつ。顔とほっぺ、鼻です。
「アンパンマンを作ったことのある人!」の先生の質問に、「カレーパンマンなら作ったことある!」って男の子の返事が。すごいね?。
アンパンマンは顔を丸く大きく広げないといけません。
右手をケガしている男の子、左手だけでがんばってました。
あんこならぬ、チョコレートを生地につつみこんで顔作り。ほっぺと鼻をつけて顔を描きました。
小さい子も上手にできていて、お手伝いスタッフの出る幕がないほどです。
次はピザです。
生地をスケッパーで二等分し、二枚のピザ生地を作ります。それぞれを丸く広げ、トマトソースを塗ってチーズなどの具をトッピングしていきます。二枚ともうまく真ん丸にできたのもあれば、ナンみたいに長?くなった生地もあってみんな楽しそうです。後ろで見ている保護者の皆さんも立ち上がって覗いてみたり写真をとったり、なかなかの盛り上がりです。

pane1.jpg pane7.jpg

窯で焼くのはスタッフのお兄さんお姉さんにオマカセして、子どもたちはしばし休憩。
立ったまま作業してたのでちょっと疲れたかもね。
休憩のあとはいよいよ石窯見学です。

pane4.jpg
さっき自分たちが作ったピザが焼けています。
初めて石窯を見た子どもたち、「薪をくべたい人」の声にみんな「ハーイ!」じゃんけんで勝った二人が代表して薪をくべました。
いっぽうピザに比べて焼きあがりにちょっと時間がかかるアンパンマンは、失敗して焦がしたらいけないから、とスタッフが窯に付きっきり。おかげで、ぱんぱんにふくらんだアンパンマンが焼きあがりました。
焼きたてのパンやピザはすっごくいい香りで、こっちも思わずゴクリ。みんな自分のパンを受け取って、見てみてこれ私が作ったの!と、とても誇らしげで嬉しそう。最初は緊張していたのに、もうすっかりパン職人の顔です。
pane8.jpg

保護者の方といっしょにできあがったピザを試食しました。作ってるときもそうだったけど、食べるときも一生懸命。スタッフの「家でも作ってあげてね。」の声に、「もう作り方忘れた」だって。あんまり褒められるもんだから、照れくさくってちょっと憎まれ口たたきたくなったようです。
アンパンマンはお家に持って帰ってもらいます。
きっと鼻高々で家族に自慢できるでしょう。

最後に子どもパン職人認定書が森本先生からひとりひとりに授与されたあと、お店の前で全員集合の記念撮影。無事子どもパン教室は終了いたしました。
この夏休みの子どもパン教室は18日、19日の2回きりでしたが、これからもいろいろなパンのイベントを開催したいと思っています。
どうぞぜひお楽しみに!

pane9.jpg