奈良でワッフル試食会

20100303_00.jpg


3月から開始するワッフルの試食と撮影のため、サロン・ド・テ アルション奈良店に行ってまいりました。
場所は奈良新大宮のイトーヨーカドー奈良店の5階です。

出迎えてくれたのは、4月に出産予定のひなこママ。
なんと5人目ベイビーです。
臨月ギリギリまで出勤するつもりという肝っ玉かあさんです。
同じフロアーのアルティジャーノにオットがいるので、勤務中に産気づいても安心だと申しております。
ご利益があるように、(何の?)お腹をさわらせてもらいました。
奈良サロンのマサハル店長もあらわれました。
相変わらず細いです。
見た目はなんとなくとっつきにくそうなのですが、結構人なつっこい人です。

今回の参加者は私のほか、社長、アルションケーキ部門責任者垣本シェフ、アトリエアルション店長ゆきこの4人。
発売日がせまっているので、試食とともにメニュー用の写真撮影もしなければなりません。

20100303_2.jpg

本日のメニューはデザートワッフルとお食事ワッフル数種類。

マサハル店長が作る→即撮影する

食べる

感想を述べる

次のワッフルをマサハル店長が作る

即撮影する↓食べる

感想を述べる

次のワッフルを  以下同文

8回繰り返し

20100303_4.jpg

焼き上がったばかりの生地。「サクサク感が足りない」といわれ、焼き時間を調整します。


20100303_1.jpg

焼きあげたワッフルにトッピング具材を盛り付けるマサハル店長。

毎度のことながら試食と撮影の同時進行はハードです。
試食のテーブルに出す前に撮影テーブルに乗せないとなりません。
今回のように焼きたてワッフルにアイスが乗ってるようなメニューはうかうかしてたらアイスがソースになってしまいます。もしメニューの写真のアイスがくずれていたら撮影者の私のせいです。
ワッフルのせいではございませんのでご了承ください。


20100303_5.jpg

苺ですよ。アイスですよ。
おいしくないわけがないです。苺のソースが別添えでした。

20100303_11.jpg

「かぼちゃプリンや!僕これがいちばん好きやねん。」社長、とっても嬉しそうでした。

20100303_7.jpg

抹茶アイスに小豆のソース。
私小豆が苦手なんですが、このソースは小豆小豆してなくってなんだかおいしい。
聞けばココナッツミルクが入ってるとのこと。ゆきこ店長とふたりでソースだけペロペロなめました。

20100303_6.jpg

いろいろなカットフルーツがこんもりです。

20100303_9.jpg

これは食事ワッフルです。もちろんデザートワッフルとは味を変えてあります。
これはサーモン。
サラダもたっぷり添えられています。


20100303_10.jpg

野菜のトマト煮込みとコロッケ。かなりのボリュームです。

20100303_8.jpg

バナナとチョコレート、永遠の定番。たっぷりのチョコレートソースはあつあつでサービスするようです。

20100303_3.jpg

サロン・ド・テ アルション奈良店のワッフルデザートは3月5日から始まります。
ついさきほど決定メニューが送られてきました。
ここでご紹介した画像よりもっと豪華になっております。
なかでも抹茶アイスのは平城遷都記念ワッフルと名付けられ、大変身を遂げております。
メニューはこちらでご覧下さい。
ぜひお楽しみに!

アルション ラ・メゾンで食事

201001_02.jpg
アルション ラ・メゾンに行ってまいりました。

ブッフェの鉄則、お腹をすかせて行く、めいっぱい食べる、ですね。
みなさんちゃんと守ってますか?
しかし正月からこっち暴食気味ということもあり、今日は野菜中心、油やクリーム類は控えめ、デザートは一個だけ、と心に誓いました。

さて1月のメゾンは北欧フェアー。
北欧といえばバイキング。
ラ・メゾンのブッフェにふさわしいテーマです。

おお。
九つに分かれたお皿がある。
これならいろいろとっても味が混ざらないし、なかなかグッドです。
これに美しく前菜盛り合わせと参りましょう。
まずはざーっと料理に目を通して何があるかチェック。いろいろあって目移りしますねー。
心の誓いを思い出し、理性を持って選びましょう。
ポロネギのマリネ、玉ネギの丸ごとロースト、小柱とじゃがいものパン粉焼き、蕪のサラダ、洋風おでん。
フライもちょっとくらいなら大丈夫、牡蠣フライにしようっと。ハンバーガー、おいしそうだけどここは我慢してプチサンドにしようっと。可愛いし。

さあ、味のバランスも見た目も美しい前菜盛り合わせができました。


201001_01.jpg

テーブルに戻って他の人たちが選んだものとチェック。
それ何ですか?どこらへんにありました?自分の皿にないものはものすごく気になります。
皿からあふれんばかりに大盛りの人もいます。九つの区切り意味ないです。
さて、次はメイン料理と行きましょう。
温かいグラタンに手が伸びます。鶏の煮込みもチョイス。

メゾンスタッフがパスタと熱々オニオングラタンスープも持ってきてくれました。
食べ放題のパンもジャムをつけて頬張ります。

店内はマダムとムッシューの団体さんが来られて、一気に賑やかな雰囲気に包まれました。
小さなお子さま連れのご夫婦も楽しそうです。

さぁ、お腹が満腹になる前に、さっきから気になっていたチョコレートファウンテン、これを忘れちゃいけません。ついでにシュークリームもゲット。
この時点で、デザートは1個だけという決意はすでに忘却のかなたへと去っております。
そろそろ飲み物の頃合かな?と思っていると、隣で「そうだ、カレーを食べないと」の声が。
カレー!そうです。カレーを食べないと!
すごろくでいえばゴールを目前にして5つ戻る、というカンジでしょうか。
小さい皿もあるのに、カレー用に用意してあるお皿をとってしまった私、この皿にちょっとだけのカレーなんて淋しいことはできません。
「それ普通に1人前分のカレーやん」という声に「そうですよ」と居直りとも聞こえる返事でペロッとキレイに食べつくしました。
カレーのあとは、やっぱりデザートですよ。
特製みたらし団子やフルーツのガレットが食べたい。しかしさすがに無理!
ジェラートにいたしました。
脳はまだまだ食べたいと言っております。でもお腹が危険信号です。
ここはさっさとコーヒーでも飲んで、食後だということを脳にわからせなければ。

おいしかったです。ご馳走様。

最後にブッフェの宿命、苦しいお腹をかかえて登美ケ丘駅に向かった私たちでした。


201001_03.jpg 201001_04.jpg

201001_05.jpg 201001_07.jpg

201001_06.jpg 201001_09.jpg

201001_08.jpg 201001_10.jpg

201001_11.jpg 201001_12.jpg

201001_13.jpg

欧風料理ラ・ポスト岡本夏祭り支店

okamoto_1.jpg

私達、欧風料理のラ・ポストのある神戸岡本は、石畳の並ぶキレイで活気のある商店街があります。
商店街事務局の皆々様は春夏秋冬様々なイベントを開催し、街を盛り上げております。
さて、去る8月29日、30日の二日間、年内で最も盛り上がるイベント「岡本夏祭り」が開催されました。
okamoto_3.jpg

所狭し、商店街のお店さん達が趣向を凝らした屋台を並べ、石畳の道路は人でいっぱいになります。
もちろん岡本レストランの老舗私達ラ・ポストも参戦します。
岡本夏祭り支店長はスタッフ妹尾を中心にドリンク、料理、ディスプレイなど全スタッフが知恵を出し腕をふるい、いざ出陣。

古賀店長の最終チェック&常連のお客様への宣伝も抜かりがありません。
川畠シェフの調理・衛生指導にも熱が入ります。

ラ・ポストの人気メニューはもちろん、熱々の美味しい状態で食べてほしい一心でみんな真剣です。
ドリンクは店長の提案で3000mlの特大ボトルが登場!
人気のサングリアもありますよ!

okamoto_2.jpg
今回のスタッフは店長がファンのサッカークラブFCバルセロナのユニフォーム。
めちゃめちゃ目立ってましたよ!支店長!


okamoto_4.jpg

最近の秋じみた気候が嘘のような暑い日でした。
汗をかきながらも我らがラ・ポストの支店員は皆大きく声を張り上げ、楽しそうに営業していました。
(もちろん各自お祭りを満喫していたようです)
(本丸、欧風料理のラ・ポストもこの日は盛況。
しかし「て、店長?!早く帰ってきて!!」
岡本夏祭り支店で呼び込みをしていた店長がなかなか帰ってこず、本丸店員一時焦る。)


okamoto_5.jpg

おかげ様で最終日には予定数の料理と特大ボトルのワインもすべて完売★
岡本夏祭りし店員のみんなお疲れ様でした!!
当支店でお料理を食べ、ワインを飲んで楽しんでくださったお客様、声を掛けていただいた常連のお客様、ユニフォーム準備にご協力下さったお客様。
皆々様本当にありがとうございました!
又来年に岡本夏祭り支店は開店します!(予定 店名仮)