アルション30周年スイーツ第9弾は大人のショコラケーキ

30thA4.jpg


30周年を記念して、フランス菓子のアルションならではのクラシカルで上質なスイーツを
毎月発売する 「アルション スイーツ巡り」。

第9弾(1月1日より発売)は 「クラシックショコラ」 \1,350 (税込)

こういったみんなが知っているスタンダードなお菓子は特に難しいもの。
アルションではフランス産とベルギー産、2種類のスイートチョコレートを
たっぷりと生地に溶け込ませてリッチに仕上げています。
カットするとチョコレートの豊かな香りに包まれます。
中に入れたチョコチップも素材選びに厳しいパティシエが生地とバランスのよいものを吟味して決めています。

たっぷりとミルクを入れた紅茶やコーヒー、
軽く温めてバニラアイスを添えてもおいしくいただけます。


生菓子と焼き菓子のいいとこどり!
お日保ちが1週間と長く、お持たせに便利なパウンドケーキシリーズ「マシェル」。
いろいろなお味でお作りしていますのでぜひお試しください。

■ アルションのマシェル一覧
http://www.anjou.co.jp/cake/machere.html

アルション30周年スイーツ第8弾はアルザスのクグロフ

30th1612.jpg


30周年を記念して、フランス菓子のアルションならではのクラシカルで上質なスイーツを
毎月発売する 「アルション スイーツ巡り」。

第8弾(12月1日より発売)は 「クグロフ」 \750 (税込)

今月はクリスマスにぴったりのお菓子「クグロフ」です。
フランス アルザス地方の伝統的なレシピでおつくりしました。
発酵バターを使ったブリオッシュ生地にレーズンやアーモンドを、
爽やかなアクセントにレモンとオレンジのピールを入れています。

たっぷりとミルクを入れた紅茶やコーヒー、
ホットワインなどとあわせると素敵な冬のティータイムが完成です!


■ アルションのケーキ一覧
http://www.anjou.co.jp/cake/cakelist.html

アルション30周年スイーツ第7弾はぎっしりりんごのタルト

ポムドゥーブル.jpg


30周年を記念して、フランス菓子のアルションならではのクラシカルで上質なスイーツを
毎月発売する 「アルション スイーツ巡り」。

第7弾(11月1日より発売)は 「ポム ドゥーブル」 \520 (税込)

写真を撮るためパティシエさんにケーキを作ってもらったのですが
渡された瞬間 「これはおいしそう・・・!」 と一同どよめきました。
しっかりと煮込まれてあめ色になったりんごがタルトの上にたっぷりと重なって、
宝石みたいにつやつやと輝いています。

聞くとこのケーキにはちょうどまるごと1個分の紅玉りんごを使用しているそう。
りんごの甘さ、酸味がぎゅ~~~っと煮詰められています。

厚めのタルト生地はほっくり甘い安納芋のダイス入り。カスタードとりんごを重ねて。
トップにはコクのある生クリームをのせました。
11月限定のポム ドゥーブル、ぜひあたたかな紅茶とお召し上がりください。


■ アルションのケーキ一覧
http://www.anjou.co.jp/cake/cakelist.html

アルション30周年スイーツ第5弾はほくほくマロンパイ

30thマロンパイ


30周年を記念して、フランス菓子のアルションならではのクラシカルで上質なスイーツを
毎月発売する 「アルション スイーツ巡り」。

第5弾(9月1日より発売)は 「マロンパイ」 \330 (税込)

アルションでは9月からの新作もいくつか出てショーケースがぐっと秋めいてきました。
中でもイチオシは9月限定のマロンパイ!
紅茶をこよなく愛するサロン・ド・テ アルションのスタッフ 石原さんは
ミルクティーにあわせるのが楽しみと8月半ばぐらいよりずっと楽しみにしていました。

さてこのマロンパイ、写真で見るよりもかなり大きいです。
売場で見つけたらちょっとビックリするかも・・にぎりこぶしぐらいありますね。

ざっくりとしっかりめに焼き上げたパイをほおばると
芳ばしいパイの香りが鼻を抜け、
アーモンドパウダーをたっぷり入れた濃厚な味わいの生地が口の中でほろほろと崩れ、
大きな渋皮栗が現れます。
ほっこりとした栗の甘さがいっぱいのマロンパイ、ぜひお召し上がりください!


■ アルションのケーキ一覧
http://www.anjou.co.jp/cake/cakelist.html

アルション30周年スイーツ第4弾はキュッと甘酸っぱい夏の味

30thタルトシトロン

30周年を記念して、フランス菓子のアルションならではのクラシカルで上質なスイーツを
毎月発売する 「アルション スイーツ巡り」。

第4弾(8月1日より発売)は 「タルトシトロン」 \430 (税込)

フランスのパティスリーの定番中の定番のケーキで、
薄いタルト生地の中に甘酸っぱいレモンクリームがたっぷりと詰まっています。



研修でパリのパティスリーを巡ったとき、どこのケーキ屋さんにも(パン屋さんにも!)
タルトシトロンが並んでいてとても印象的でした。
シンプルな見た目で高さも低いこのタルト (大体2cmぐらいです) を
「ほかのケーキと比べて見劣りしてしまわないかな?売れるかな?(失礼)」 という目で見ていました。
しかし、試しに買って食べてみるとあまりのおいしさにビックリ!!!

ta1.jpg ta2.jpg

まずレモンクリームが濃い!レモンのジューシーさ、フレッシュさがみなぎる甘酸っぱいクリーム。
そのクリームを受け止めるのは厚さ3mmぐらいの超薄タルト生地。
これがほろりと崩れて濃厚なクリームとあわさります。
うう、至福の味わい・・・!

生地をしっかりと焼ききってほろ苦く大人な味に仕上げるところもあれば
酸っぱさ控えめのクリーム、なめらか重視のクリームだったり。
レモンの代わりにオレンジを使ってみたりとお店によっていろんなタルトシトロンがあります。
タルトシトロン食べ比べもフランス・パティスリー巡りの楽しみ方のひとつです。

ta3.jpg

フィガロが選ぶ 「パリで一番おいしいタルトシトロンランキング」 堂々1位Carl Marlettiのタルトシトロン。
レモンの甘酸っぱさが頭のてっぺんまでつきぬけるような忘れられない美味しさです



本場のタルトシトロンを食べてからあの美味しさを絶対にお伝えしたい!と
パティシエが熱く燃えたアルションのタルトシトロン。フランスに負けない美味しさです。
生のレモンをひとつひとつ丁寧にむいて使用したキュンと甘酸っぱいなめらかレモンクリーム。
クリームの上に爽やかなライム風味のメレンゲをのせました。
クリームとメレンゲの柑橘同士が爽やかにつながってタルトと調和する。いい仕上がりです!

夏にぴったりのタルトシトロン!アイスティーと一緒に召し上がれ♪


■ アルションのケーキ一覧
http://www.anjou.co.jp/cake/cakelist.html