POT店長のスリランカ紅茶紀行 6日目

8月27日(木)

srilanka_27.jpg

今日はいよいよティーボード(スリランカ紅茶局)で勉強会の日です。
ライセンスをいただくため、試験があるよと先生から伺っていたので、前の日に車の中で皆で復習会をして必死にスリランカの紅茶の知識を思い出します。
それでも不安なので、早起きして必死に復習します。

ティーボードには失礼のないように正装を、、ということで店員さんを困らせながら10着も試着して買ったばかりのサリーでスリランカ人に変身するポット店長。
サリーは一枚の布なのですが、これをぐるぐると巻きつけて着ます。
srilanka_31.jpg

サリーを着てホテルで朝食をとったあと、ロビーに立っていると、次から次に花嫁さんが登場します。
日本なら花嫁が同じロビーにはち合わせるのはタブーとされていますが、スリランカは、はちあっていました。びっくりしたのは、スリランカの民族衣装のカップル。もう一人うしろに同じ衣装を着て立っている男性は、新郎に何か不幸があったときの予備の新郎とのこと。文化の違いにおどろきです。

さてティーボードに緊張した面持ちで到着します。
部屋に入ると、チェアマン(ティーボードの最高責任者)や、担当の方々がご挨拶してくださり、いよいよティーボードじきじきのスリランカ紅茶の勉強会が始まります。
ひとしきりスライドを見て、スリランカの紅茶の特徴、製法、輸出などのお話を伺ったあと、チェアマンから「あなたたちを紅茶大使に任命したい」という冗談のようなお言葉。やる気満々のポット店長はじめティースクールのメンバーたち。おでこにスリランカ紅茶のライオンロゴマークを付けるところを想像してみます。いけそう。。。膨らむ妄想。。残念ながら本当に冗談でしたが。。。

さあいよいよ試験が。。とかまえていたのですが、チェアマンから「どうしてこんなにスリランカの紅茶のことを一生懸命勉強してきた皆さんに試験をする必要があるでしょうか?」というほっとするような少し拍子抜けするようなお言葉が。。いえやはりほっとしました。

無事にチェアマンからライセンスを頂き、カメラ目線で記念撮影をします。
このライセンス、額にいれてお店に飾ろう!
そうにやけるポット店長でした。
ぜひサロンドテアルション法善寺本店のどこにあるか探してみてくださいね。

srilanka_30.jpg
無事にライセンスも頂き、夜のお食事会までに時間があるため、ホテルの近所のスーパーを散策します。
まずは一番見たかった粉ミルク売り場へ。こちらでは、冷蔵庫の普及率が悪いため(冷蔵庫があるおうちはセレブで、まだまだまれだそうです)保存のきく粉ミルクが一般的です。
たくさんの種類の粉ミルクがあります。
次にある種類はロングライフミルクといわれる常温オーケイのミルク。炎天下でも大丈夫というキャッチフレーズですが、ほんとのところはわからないそうです。(先生談)
そして高級品のボトル牛乳。これは冷蔵庫保存。ビンのミルクの3倍の値段です。

srilanka_29.jpg
そのほかにスパイス、バター、水牛のヨーグルト、パパダン、ジンジャービスケットなどなど。どこに行ってもスーパーは面白くスーパーが大好きなポット店長。
うれしすぎて肉屋のお兄さんと記念撮影です。

夜のお食事会は、ニューヴィタナカンダティーファクトリーのCEO、アーナンダペナンダさんをはじめとする先生のお知り合いとホテルで交流させていただきます。
アーナンダさんはとても気さくな方で、スリランカの紅茶に精通されていて、ティーボードの先生もされています。娘さんのタルーカさんは、23歳のティーテースター。19歳のときに女性では難しいといわれるティーテースターになったそうです。なるために学校に行ったのですか?という質問には「いいえ。パパが先生です。」とのお答え。すばらしくステキな親子師弟愛です。
お二人に紅茶の秘密をいろいろとお伺いしているうちに、「ティーテースターのテースティングってどうやるのですか??」とポット店長が切り出し、技を見せていただくことに。。。
三角ティーバッグの緑茶の中身を白いお皿に取り出し、くんくんと香りをかぐタルーカさん。
「これは、スリランカのものではなく、中国のものです」スゴーイ!!何でわかるの??
タルーカさんにそのお皿を渡され「トラーイ!」と促されたポット店長。くんくん。
「これは、スリランカのものではなく、中国のものです」きっぱり!
「そらわかるわ。タルーカさんいってはったもん」。鋭い突っ込み。一同爆笑。それにしてもティーテースターの技はお見事です。
一日に何十種類も試していたらわかるようになるんやろか?まだくんくんしてみるポット店長でした。
ひとしきりスリランカのやさしいみなさんと交流したあと、むりやりアーナンダさんと次回の約束をするポット店長。
次回はアーナンダさんの案内で、バンガローに宿泊!!ティーオークションもティーテースティングも体験!!はやくも次のスリランカに心が躍ります。
たくさんのステキな方たちとの出会いや、楽しくステキなお話に興奮冷めやらぬポット店長。
まだまだたくさん探りたいスリランカの秘密がありますが、それは次回のお楽しみに。。
明日は最終日。早めに眠りにつきます。            
                                        つづく