potちゃん店長のフランスフレーバーティーを探る旅 3日目午後

200907_pot3_1.jpg

第三日目 6/23(火)午後

サロンドテでの感動さめやらぬまま、オリビエさんの車で、再びジョージキャノン社へ向かう。
車の中では、またPOT店長のエンジン爆発インタビュー攻撃が始まる。
POT店長
「オリビエさん、フランスではティーパーティーという習慣はないのですか?」
オリビエさん
「ないですね。ワインや、チーズのパーティーならありますが。。」

ないのかあ。。これもフランスの紅茶文化なのだな。。ふむふむ。
POT店長
「オリビエさん、私が百貨店や、スーパーで紅茶売り場を見たとき、ハーブやフレーバーばかりで、ティバッグが多かったのですが、こちらでは主流なのですか?」
オリビエさん
「そう。フランスでは、人々がとても忙しく、朝や仕事中に入れるお茶は、みなさんティーバッグです。なので、売り場もティーバッグが多いです。売り場は、フレーバー、ハーブ、そして原茶という順番の商品量ですね。やはり、フレーバーが主流です。ハーブもここ数年、健康志向でぐんと増えてきています。」

フランスでも日本とおなじで、メタボ対策や、健康志向が高まり、紅茶や、ハーブのよさが見直されつつあるそうだ。それを聞くと、ますます紅茶にエールを送りたくなるPOT店長。フレーフレー紅茶!!

次にどうしてもオリビエさんに聞きたたかった素朴な疑問をぶつけてみた。
POT店長
「オリビエさん、オリビエさんはティーバッグで飲みますか?」
オリビエさん
「。。。。。いつもフルリーフです。朝は、ダージリンです」(苦笑)

は。。。わたしったら、世界のティーブレンダーに失礼なことを聞いてしまった?
K隊長からも違う質問しなさい光線が。。。POT店長焦る。Kさんも必死でフォロー入れてくれる。
「あの。あの。。すみません。どうしてもオリビエさんの日常の楽しみ方をお聞きしたくて。。それではコーヒーを飲んだりしますか?」
オリビエさんは気にしてないという感じの笑顔で
「コーヒーは飲まないです。飲むと胃が痛くなるので。。。」フランスの方って、みなさんコーヒーを飲むと勝手に思っていたPOT店長。親近感がわく。なぜなら、POT店長もコーヒーが飲めない紅茶体質なのでした。

そうこうしているうちにTRAPPESのジョージキャノン社に到着。
いよいよフレーバーティーの試飲。
200907_pot4_1.jpg
明るい外からの光が差し込む素敵なテイスティングルームにPOT店長が「試してみたいです」と選んだ紅茶がずらりと並ぶ。「こんなにあったっけ。。。ちょっと欲張って選びすぎたかな。。。」心の中で少し焦るPOT店長。顔は笑顔で、「では、オリビエさんお願いしまーす!」いよいよテイスティング開始。
端から順番に試してみる。ふむふむ。。美味しい!たくさんの紅茶の試飲ができてそれだけでうれしくなるPOT店長。いえいえ、試しただけではなく、ちゃんとおすすめベスト2をセレクトし、アルションのお客様にご紹介するため、持って帰ってきましたよ!
近日発売です。お楽しみに!
大きな任務をまずはひとつ終え、皆で歓談。秘書のジョシアナさんとも、オリビエさんの息子さんとも打ち解け、名残惜しい。
明日からのフレーバーのふるさとグラースへの旅の手配をお願いしていたところへ、
K隊長の叫び声が。。。「え、これって晩御飯食べられるんかな??」
POT店長、Yさん「大丈夫でしょう」(血液型O型)
K隊長「けど、レストラン水曜日休みって書いてる。。。。」(ちなみに明日は水曜日)
POT店長、Yさん「大丈夫でしょう。何とかなるって。」(血液型O型)
隊員たちの晩御飯の心配をしてくれていた優しいK隊長。そんな気持ちもつゆ知らず、
なんとかなるさーでパリへと向かう隊員二人と、晩御飯の不安をかかえたK隊長でした。
(ちなみにK隊長もO型でした)