ソムリエール川西のシチリアワイナリーレポート ~3日目~

こんにちは、ビストロ・ダ・アンジュのソムリエ川西です。
1日目、2日目はシチリア島の西側にあるワイナリー「ドンナフガータ」を見学いたしました。
あつ~い日差しの中、ずっと案内をしてくれたドンナフガータのエキスポートマネージャーのファビオ・ジェノベーゼさん!そして、素敵なお食事とワインでもてなしてくれたドンナフガータ・ファミリーたち。
とてもあたたかなカンパニーです。

シチリアワイナリーレポート ~1日目~
シチリアワイナリーレポート ~2日目~

レポート後半は場所をシチリア島の東側に移し、もう1つのワイナリー「ミチェリ」を訪ねます。





三日目はシチリアの一つ星レストラン“Bye Bye Blues”の日本人シェフ、
松隈氏の案内でパレルモ市街を観光しました。

まずは市場へ繰り出し、色鮮やかで見たこともない野菜や果物、香辛料や調味料を、松隈氏にその調理方法を聞きながら皆で買い物しました。
きっと今頃はそれぞれのお店で素敵なお料理に変身していますよ!!









そしてビール片手に、モツのパニーニ、ひよこ豆のコロッケ、アランチーニ、
いわゆるB級グルメを堪能しました。







地中海文明の十字路にあるシチリアはギリシャやアラブの文化を残していて、また、
フランスやスペインの圧政のもと、その支配に対抗するためにマフィアの伝統や組織を作り、、その中で育ったシチリア人のパワフルさを肌で感じることができました。










次のワイナリー訪問先、“ミチェリ”の方々とは夜の食事会から始まりました。
元気で気さくな社長のロレさん、受注担当のゲルリンダさん、私たちもすぐに打ち解け、とても賑やかなディナーになりました。





始めに、飲みやすい辛口フリッツァンテ“ベルベル”。
アペリティフとしてはもちろん、魚介の前菜によく合い食欲を増進させてくれます。
またこの微発泡ワイン“ベルベル”、近々輸入予定。是非お試し下さいませ!





シチリアは柑橘果実の生産が盛んで、料理にもよく使われています。
甘酸っぱい料理には、酸のとても綺麗な“ベレ ニーチェ”を。
そして、これは意外!ボンゴレには、キンキンに冷やした軽めの早飲みタイプの赤“フィアマット”を是非ご一緒に!






たくさんの美味しいマリアージュ体験をしました!
さて、4日目いよいよ最終日。ミチェリのワイナリーを訪ねます。
お楽しみに♪


川西

■ ビストロ・ダ・アンジュ http://www.anjou.co.jp/shop/bistrot/