クレープリー・アルション丹波のフランスクレープ研修②

クレープリー・アルションの丹波です。
フランス研修も早いもので後半の3日目。レポート、続き、いきます!!
レポート前半はこちらから⇒クレープリー・アルション丹波のフランスクレープ研修①



クレープリーが続きまして、3日目のランチはクレープだけでなくビストロに行きました。
お店の名前は、ラフォンテーヌ・ドマルス。
ここはサービスがすばらしく、アンジュ&アルションの姉妹店「ビストロ・ダ・アンジュ」がモデルにしているお店。ビストロらしい気さくで楽しいおもてなしを感じます。



愛想がよく面白いフランス人サービスマンに接客をしてもらい、感動したのが海老のスープの盛り付け方!!綺麗でした。
エスカルゴも頂きました(^_^)


そのあとはフランスの料理学校「ル・コルドンブルー」へ。先日はビストロ・ダ・アンジュにて来日フェアをしていただき、いつも大変お世話になっているテリアンシェフに会いに行きました。
学校を少し見学させてもらいました(^v^)



テリアンシェフと食事も楽しみました(*^_^*)
シェフ…いい顔しすぎですね。




次の日の4日目は奇跡のメダル聖堂に行きました。メダイヨン教会です。
クレープリー・アルションにもおいているメダルはここの教会のもの。
持っているとハッピーになれるというお守りです。



思ったより小さな教会でした。地元の人に愛されています。


それからは再びクレープリーへ。東京にも展開しているブレッツカフェ、パリの本店にてガレット、クレープを食べてきました。





クレープはジンジャークレープをチョイス。クレープに生姜!珍しいので頼んでみました。
生姜風味のジェラートとミルクジャムが添えています。
フランスでは生姜フレークがあり、よくお料理にも使われているそうです。


そのあとは、フランスで有名なジェラート屋さん「アモリーノ」に行きました!



種類もたくさんあってジェラートの盛り方が面白いです!!
まるでお花のようです(^v^)




最後の日はマルシェ(市場)へ。フランスの日常を感じることができます。



このようなチーズ屋さんがいたるところにたくさん!さすがチーズがさかんなフランス、日本ではこんな種類多く売ってないですよね。あちこち目移りしてしまいます。



チーズもお肉もハムもこんなふうに雑・・いや大胆に売られています。
きっちりパックに入って売られている日本では見れない光景。食中毒とかでうるさいのに大丈夫なのでしょうか(・_・;) 湿度や気候の違いでしょうか。



マルシェにももちろんクレープ屋さんがありました。シードルの種類がたくさん!




クレープリー・アルションで使っているかの有名なゲランドの塩を発見!
この塩を使った塩キャラメルも売っていましたよ。
アルションでは一種類しか使っていないのですがまだまだいろんな種類がありました。おもわず買ってしまいました(・o・)



こんなかんじで無事にフランス研修は終了。

初めてのフランスで緊張しましたが、日本と違うフランスのうつくしい街並みに感動。
でも、一週間フランスに居て日本の良さも改めて感じさせられました。
貴重な体験をさせていただきました(^O^)/


今回研修でえた経験やおいしかったものをまとめてクレープリー・アルションでは翌年1月に「フランス研修フェア」を開催予定です。
この感動をわかちあえるようなおいしいガレット&クレープを作りますので皆様楽しみにしていてくださいね。


丹波由夏



ちなみに11月は「ブルターニュフェア」を実施中。
フランスブルターニュ地方といえばリンゴが名産。リンゴにアーモンドクリームを詰めてじっくり焼いた焼リンゴのクレープや相性抜群!キャラメルリンゴとさつま芋クリームのクレープの2つが登場します。どちらがお好きですか??迷ったらぜひどっちも♪ ぜひお召し上がりください。



■ クレープリー・アルション
http://www.anjou.co.jp/shop/crepe/index.html