醤油の旅人 In Champagne and Paris!①

皆様、BON JOUR (^^)vそしてハッピーバレンタイン♪
お正月の栄養がお腹周りにまだまだ余っている醤油の旅人こと大土橋です。
年齢のせいでしょうか・・・年々オチナクナッテキテル orz


と。さてさて、今回の内容は・・・なんと『醤油の旅人 In Champagne and Paris!!+てんちょ』
そうです!7月に\フランス研修にいってきます!/というブログを残してはや半年。
本当にフランスに行ったのか?と疑惑も浮上しております。
遅くなりましたが醤油の旅人、フランス修行のお話をさせていただきます。


普段醤油醤油言っていますが僕らのお店『フルートフルート』はシャンパン&醤油BAR。
醤油だけではなく、おいしいシャンパンをおいしいプライスでお楽しみいただけるステキなBARです。
フルートフルートで最もおしているシャンパン『ルネジョリー』を訪ね、本場のシャンパン造りを一から学ぶため店長と大土橋はフランスへ行ってきたんです。



関空より片道15時間の空の旅と2時間の車の旅を経て、まずはシャンパーニュ地方のコート・ドゥ・バール県にあるランドルヴィユ村に到着(2行で済ませてスミマセン)
この日は『ルネ・ジョリー』の五代目当主ピエールエリック=ジョリー氏(37歳・独身・男前・フランス人だけど英語堪能・お茶目さん)と夕食をご一緒する予定。ひとまずホテルに荷物を置きに行こうと部屋にいくと、ベッドの上にこんなものが。

!!!?

なんとベッドの上にあったのは『ルネ・ジョリー』ロゴのキャップとTシャツ!!!
そうピエールエリック氏からのプレゼントだったのです。粋ですね~(―▽―)b

いきなりのプレゼントにアワアワ、あれこれしている間にピエールエリック氏もホテルに到着。
昨年の春フルートフルートでお会いして以来の再会にガッチリと握手。
レストランで会食・・・の前に、まずはテラスでシャンパンをという事に(もう21時でしたが、ありえないくらいに明るかった)



ステキな花壇に囲まれたテラスで頂いたのは、『CUVEE RECIALE RJ』(キュベ・スペシャル・アールジェイ)のマグナムボトル(※通常ボトル2本分デス)。

 

このサイズは初めてでしたが、蜂蜜のような濃厚な香りとコク・・・日本で飲むシャンパンと一味も二味も違う気がしたのは気のせいでしょうか。改めて感動です。


・・と。
僕の写真ばかりじゃアレなんで、たまには店長の写真でも



嬉しそうにシャンパンを注ぐ店長


店長ちょっと酔ってますか?


おかわりに微笑む店長


そしてこの笑顔!!



ひとしきり味わった後にレストランに。
長旅の後なので、少なめにしてくれたそうなのですが・・・けっこう量ありましたヨ(汗)
フランスのボリュームってやつは想像を超えていました。
そして、それが帰国後に悲劇を・・・

でも本当に美味しくて、素晴らしくて、結局人の分までもらって食べちゃいました。
そして、それが帰国後に悲劇を・・・(2回目)


 
■写真左:メロンの三種盛り!な、生ハムメロン!    ■写真右:メインの鴨料理

お料理の一品目はメロン三種盛り。メロンをいろいろなスタイルで♪
写真の右から、メロンのガスパチョ・焼きメロン・メロンのマリネ。
ガスパチョは甘さ控えめに。焼きメロンは粗塩を振って。マリネは地元の葡萄と木苺を使ったブランデーに浸して。
なるほど、こんな料理もあるのか。と、大はしゃぎ(^^)。おもしろいですねぇ。

二品目は鴨料理。
鴨の胸肉はローストに。モモ肉はコンフィにしてからほぐしてコロッケ状に。付け合せはお野菜とジャガイモのリゾット仕立て(型に詰めて、四角く切ってありました)と鴨のソースで。
大きなお皿をいっぱいに使って、実にたっぷり盛ってありました。


 
■写真左:チーズ♪10種類ぐらいをのせたワゴンが来て好きなものを好きなだけ取るスタイル
■写真右:デザートのリンゴパイ


そして、チーズ。
10種類ほどありましたが、すでにお腹パンパンでしたので、この地方のチーズを3種類と大好きなリヴァロを注文。
内容はシャウルス(左上)、ス・マタン(右上)、シャンプ・シュール・バルス(左下)、リヴァロ(右下)となります。
シャウルス、ス・マタンは「今朝」という名前だけあってあっさりした爽やかなチーズです。
シャンプ・シュール・バルスは初めて見ましたがやや癖があり濃厚な感じが。
(日本で探しましたが無かったです)
リヴァロも癖はありましたが、若かったのでそこまで香りはきつくありませんでした。
どれも美味しかった。チーズ最高(^^)b

最後のデザートは温かい林檎のパイの上に冷たい林檎のシャーベットをのせ、周りにカラメルソースを流したものが出てきました。
熱々のパイも美味しいけど、冷たいシャーベットがありがたい~。





たくさんのお話が聞けましたがまだまだ初日。
外に出たら23時・・・でもまだうっすら明るい空・・・なんだか時間が流れるのが遅いデス。

 23時・・?

とは言え、やはり疲れていたのか、布団に入ってすぐに寝てしまいました。
2日目はピエールエリック氏に葡萄畑や実際にシャンパンを造る施設を案内していただきます。

続きはまた次回に。ではでは、おやすみなさいzzz



シャンパン&醤油バー フルートフルート
醤油の旅人・大土橋 努


あ・・・ピエールエリックさんにお土産渡すの忘れてた・・・  made in JAPAN 盛り沢山ですよ(^^)