セッティモ・アンジュ山村 サービス世界コンクールに行く③最終回

皆様お久しぶりです、セッティモ・アンジュの山村です。
ブログ長く空いてしまってすみません。
まさかの年越し・・・本年もどうぞよろしくお願い致します。



■前回までのあらすじ■
大丸心斎橋店の炭焼きイタリアン『セッティモ・アンジュ』の店長山村がサービスを極めるべく東京で行なわれたサービス世界大会に潜入!!早朝からドタバタと大会の補助をつとめながら世界の名だたるサービスマンの美しいサービスに惚れ惚れしつつ無事大会は終了。
山村はさらに翌日の大会記念ディナーパーティーにも参加することになったのだが・・・・
第一回 http://anjouandalcyon.blog66.fc2.com/blog-entry-199.html
第二回 http://anjouandalcyon.blog66.fc2.com/blog-entry-201.html


改めてどうもこんにちは。
サービス世界コンクール東京大会に引き続き、翌日の「現代のアンフィトリオンたち」こと大会記念ガラディナーにも参加してきました。
ガラ(gala)とは祝祭の意味で平たく言いますとスペシャルなパーティーのこと。外国のクリスマスや大晦日に行なわれることが多いです。花火が上がったり、お料理もいつもより豪華だったり・・とにかくスペシャル!

今回のパーティーはサービス世界大会記念パーティーということで、とにかくおもてなしがスゴイ!
フランス最高職人“ベスト・メートル・ドテル”(平たく言うとサービスマン中のサービスマン、伝説のサービスマンといったところ)のフレデリック・カイザー氏を筆頭に、大会出場選手たち、日本のトップサービスマンなど130名、そして40名のソムリエたちとすさまじいメンバーでお客様をおもてなし。
お料理はミシュラン2ツ星シェフのパトリック・アンリルー氏、3ツ星シェフのレジス・マルコン氏によるものでなんとも贅沢で壮大な内容です。


そんな最高のサービスを受けながらおいしい食事に舌鼓・・ではなく山村はサービスマンの一員としておもてなしさせていただきました。
一流のサービスが目の前で見られるなんてめったにない機会、めっちゃ勉強になりますよ!!!!


というわけでサービス用タキシードを着て会場に向かいました。
朝も早いというのに舞台やテーブルセットはすでに整っており、パーティーの規模の大きさに圧倒されつつ
 
◆広い・・    ◆真ん中の長いテーブルは各国の大使や招待客が座られる主賓席

そしてシェフからパーティーのお料理の説明があります。
お客様に「これは何のソース?」「どうやって食べるの?」などと尋ねられたら「わ、わかりません・・」ではサービスマン失格。一字一句漏らすまいと真剣な顔つきになります。



気がついたのですがシェフはフランス人。
当然ながら説明はフランス語と英語・・↑▽↑

日本語での通訳も入れてくれますが、細かいニュアンスがわからない!
僕の店、セッティモ・アンジュはイタリアンなのでイタリアの料理用語はわかるものの・・フランス語・・しかも英語まじり・・・!
何とか必死に単語を拾い、使われている食材、調理法を確認しました。
その後は各担当テーブルにわかれて再び打ち合わせ。
私のチームにはフランス代表の選手2名がいましたがここでも再び言葉の壁が・・・。

語学の勉強しないとな~~~↑▽↑


がんばります!

サービスマン同志の魂による意思疎通でなんとかがんばり、動線確認、ソムリエチームとの打ち合わせ。頭の中で何度も何度もシミュレーションします。
リハーサルではお皿の持ち方、持つ位置や高さ、姿勢、出すスピードなど何度も何度も厳しく指導。
特にメイン料理にかぶせられているクロッシュ(テレビなどでよく出てくる半球状の銀のふたです。ジャワ~ン!と言ってあけるやつですね)に関してはすごい!
端から順にウェーブになるように開ける!そこ遅れてる!ちょっと速い!美しく!などとこれだけで40分ほど繰り返しシミュレーションしたほどです。
これが“ベスト・メートル・ドテル”の指導・・ストイックですよ~。

失敗しないように!失敗しないように・・!
クロッシュウェーブの練習風景。\ジャワ~ン!/


サービスマンは全員タキシード+白手袋姿、ワインを注ぐのは全員ソムリエ。
想像しただけでもウオー!ってなりますよね?実際に見ると本当に壮観です。
そんな中に華やかな服装のお客様が432名、順に着席されガラディナーがスタート!

美しく盛り付けられたお料理を厨房から運び、メートル・ドテルの目配せと同時に一斉に提供。
少しのタイミングのズレも許されない緊張の中、一皿目を提供。

うおおおお~~!!

サービスにこれほど緊張した瞬間は、新入社員の時以来(笑)
練習を重ねたクロッシュ(※ジャワ~ン!ってやる銀のふた)もうまく決まり、デザートを含め全ての料理の提供が無事に終了しました。


ガラディナーという舞台を乗り切った戦友(とも)とバックヤードで互いに握手。
世界中のトップサービスマンと共に同じ現場に立てた興奮、無事に終了した喜びと満足感にしばし浸ります。
我々サービスマンに光があたる瞬間を堪能し(すみません、お客様が一番の主役なのですが)またいつか一緒に仕事しようねと皆で盛り上がりました。


あー本当によかった・・・

サービスマン格好いい・・


と、時間を見るとすでに22:30。
翌日はセッティモ・アンジュの現場に入っているため、23:10の夜行バスで大阪に帰らないといけなかった・・!

お世話になった方々への挨拶もそこそこに、白手袋とネクタイを外してほぼユニフォーム姿のままバス乗り場までダッシュ!なにこれシンデレラ・・

キリッとスマートなサービスマンとは程遠いヨレヨレの状態で夜行バスに。
少し広めの3列シートにして良かったと感じながら(社長すみません!いい席で取りました!)眠りにつきました。


そんなこんなでバタつく2日間でしたが非常に有意義な東京出張でした。
レストランではお客様が主役、準主役はお料理。
僕たちサービスマンはいわば黒子。お客様が1番おいしい状態でお料理をお召し上がりいただけるように、快適な時間が過ごせるように人知れずがんばっております。

このお店居心地がよかったな~とか楽しく過ごせたな~と思っていただけたらサービスマンとしては最高です。
あと「おいしかった」「楽しかった」というお客様のお声を、料理を作ったシェフよりも誰よりも一番にもらえるのもこの仕事の醍醐味ですね。

お客様に喜んでもらいながら自分も喜びを感じられる仕事のやりがい、幸せを感じることができました。

サービスは奥が深いな~


語学も勉強しないと~~


さてそんな山村は普段大丸心斎橋店本館8階の『セッティモ・アンジュ』におります。
1月と2月のセッティモ・アンジュは『冬の海老フェア』!
大ぶり、甘くてうまい!足赤海老の備長炭焼きやリッチなオマール海老のパスタなどいろんな海老料理をお召し上がりいただけます。
 photo by 山村

・・なんてちゃっかり宣伝しましたが、これはなかなかの自信作ですよ。
おいしい料理とすてきなおもてなし(※自分でハードルを上げます)堪能してください!!


長々とありがとうございました。ではまたお店で!
旬菜炭焼きイタリアン『セッティモ・アンジュ』