エッフェル塔に向かって走れ! ?アデューパリ!

最終日の朝は、荷物の片付けや買って来たパンとお菓子の整理で大忙し!
あれ?あそこで買った、お菓子どうしたっけ?・・・しまった。603号室やわ。
しかもゴミも一緒に・・・こっそり取りに行かな。

そして最後の603号室。
パンのゴミやら、置き去りのお菓子はやっぱりバレてました。
毎日毎日、パンの食べ終わったやつとかが捨てられているので、お部屋の掃除のときに、ゴミ箱の片付けを全くしてくれなくなったみたいです。ほんと、すいません!

parisvol7_01.jpg
このあと、イタリアン組2人は日本に帰らず、そのままイタリア行きです。
はぁ? 楽しかったなぁ♪パリ!!
そうだ!記録として、部門長のお腹を写真に収めておきましょうよ!
そしてまた、イタリア最終日に同じように写してください。日本に帰ったら、お腹比較です。「使用前→使用後」風に撮ります。
ちょっと引っ込めた感はありますが、出発前に関西空港で見た時のお腹とは、あきらかに!違います。
どんなになって帰ってくるんでしょうね。
このお腹の結果は、部門長が書く旅日記を見てお楽しみ下さい。
まだまだAnjouホームページは目が離せませんよ♪
parisvol7_02.jpg
さて最後の朝食は、Le pain Quotidianne。
表のテラスで爽やかにいきましょう♪
ここは、コンフィチュールやハチミツが各テーブルに置いてあって、使いたい放題!!
パンがすすみます。
店内にもジャムやらパンやらたくさん置いてあって、とってもくつろげるお店です。


食事中、大きなワンちゃんが遊びに来ていました。
この店の営業部長かと思ったら、隣の店のワンちゃんでした。
何よりもワンちゃんが大好きなK野君は、一人かなりテンション上がってましたけどね。

そしてご近所にあるMichel Cluizel。
最近できた新しいお店で、カカオの産地にこだわったショコラティエです。 

掘り出し物発見!!

よく、サーディンチョコ(魚の柄のチョコ)とかは見かけますけど、これはなんとフランスパンです!!可愛い!!!!
なんと柄だけでなく、中のチョコも、同じ様にフランスパンのように切れ目が入ってるんですよ。凝ってますねぇ?♪
入り口にはアルション ラ・メゾンでもやっている、ショコラファウンテンが置いていて、商品力は今までの中でダントツ1位です。お土産買うならぜひ行ってみてください。とうとう最後の最後の研修店舗。
フランスを代表する、Stohrerです。
伝統菓子 アリババ を一番初めに作ったお店。
建物も重要文化財です。お客様が店の外まで並んでいます。

私達は外から撮影。

parisvol7_04.jpg parisvol7_05.jpg


アリババがいつまでも一番かと思ったら、FIGAROでフランスのエクレア第3位に選ばれていました。
老舗だからといって、お菓子への探究は終わらないのですね。
さてさて、12時までにチェックアウトしなければならないため、大急ぎで移動です。ホテルまで走って帰ります。


parisvol7_06.jpg
その途中で、パン配達人のおじさまに遭遇♪
昼前に、レストランへパンを運ぶのだそうです。
なんとなくニュアンスでそんな説明でした。

私達もデリバリーとか考えなきゃね…とか話しながら、可愛い自転車に見とれていたら、おじさま、しっかりポーズを決めてくれました♪ね!素敵でしょ?!最後の最後に部門長が、
「オレもハガキ出す!!7枚!」
っておっしゃるので、ダッシュで郵便局へ切手を買いに行きました。

最初あんなに不安だった仏会話も、一人買い物しながら楽しんでる私♪
ほんとに大きくなったなぁ・・・って思いながらホテルへ向かっていたら、何のことない。道に迷いました。
やっぱり、上の空じゃダメですね。まだまだパリジェンヌにはなりきれない ゆきこ でした。
チェックアウトをすませて、みんなが揃うのを待っている間に、ホテルのロビーでStohrerのババを堪能。
ここまできたら、何でもできちゃいますね。

parisvol7_07.jpg
アリババってどこもこんな形です。
フワフワのパン生地にアルコールがたっぷりしみこんだ贅沢なお菓子です。ぜひフランスに行ったら試して欲しい一品です。各人自由行動で、残りの時間を過ごします。
私は専務とYさんと部門長とで、オペラ界隈をビストロ探して練り歩きです。
でも、土曜日で、レストランはほとんどお休み・・・結局、何も食べれず、部門長は空港へと去って行きました。
しかも結構あっさりと。K部門長?!いってらっしゃぁ?い!!
イタリアでもたっぷりピッツァやらパスタやら食べてきてくださいね??♪
お腹の写真は忘れずにぃ?!

部門長を見送り、私達はカフェで軽く食事して、オペラガルニエに行ってみることに。
たまたま中を公開していて、専務が、せっかくなので見ていこう と言ってくださいました!
parisvol7_08.jpg
今後「フランスでオペラを見る」機会も確実に無いと思われますので大変貴重な体験です。
舞台の練習風景も、小窓からのぞくことができました。
荘厳・・・そんな一言につきます。
舞踏会をするお部屋も、高い天井、繊細な彫刻、豪華なシャンデリアに演出されて、圧倒されてしまいます。
最後の最後に、本当に幸せな一時でした。
さあ!昔、小学校の校長先生に言われました。
「家に着くまでが遠足です!!」
まだまだ日本に着くまでは、1日たっぷりありますよ☆
みんな気合入れて帰るのだ!

「Au revoir paris…たくさんの楽しい想い出をありがとう、603。私達、この旅でひと回り大きくなりました・・・いろんな意味で。」
なんて、離陸する時ちょっぴり感傷にひたってパリに最後のお別れを言いながら、ふと横を見たら、ビッキーは爆睡してました。ちなみに着陸時も爆睡してました。
おいおい!結構どっちも揺れるよ、飛行機って!!
聞くと、離陸も着陸も、全く覚えてないらしいです。知らん間に帰国してたっていう、ビッキーの感動秘話です。

成田について、速攻お店のスタッフ、やぶちゃんからメールが♪
可愛いなぁ、お帰りメールかなぁ?!なんて読んでいったら、「今日は父の日。店長、暇でやばいです・・・」っていうメールでした。うちの子達は、ほんと仕事熱心♪いつもいつもありがとう。

伊丹に向けて、最後のフライトです。
あと1時間で大阪着くで?、ってことで、みんなかなりのリラックスモードだったのですが、ここまできて、なんと飛行機が、充分に活発化した梅雨前線に突入してしまい、揺れるのなんのって!!
翼も折れそうなぐらいです。
梅雨前線あなどれないです。
あんなにやかましい私達が、唯一、真剣におとなしくなった一瞬でした。

そんなこんなで、無事伊丹空港に着陸し、バス乗り場に向かう途中、あまりの嬉しさか、ビッキーは自分のトランクケースを蹴倒し、その上に豪快に倒れこんでいました。
そういえば、パリ最終日の夜もエッフェル塔のふもとでこけて、ヘッドスライディングしてましたよ。本物に、ただのあわてんぼうです。

たくさんのパティスリーやブーランジェリー、ビストロをまわり、帰国してもちゃんと覚えてるか不安でしたが、なんのなんの!どこもしっかり覚えてました!!
きっと、1週間、かなりの神経集中ぶりだったんでしょうねぇ・・・我ながら感心します。
菓子研修もそうなんですけど、こうやってみんなで1週間生活を共にして、たくさんの楽しい事やハプニングなどを共有したことが、私にとってはとても大きな糧となりました。
この研修でもっともっとフランスの文化を知りたいと思ったし、今となってはもっともっといろんなお菓子食べれば良かった・・・なんて思ったりもしてます。
また行きたいと思い、「次はこの店に行きたいリスト」も実は製作してるんですよ♪
かわはらさん♪また一緒に行きましょうね!603号室、おさえておきますから!



                 Mettez la sensation de grace a tous les gens

yukiko 完