エッフェル塔に向かって走れ! ?K部門長、これ好きですよね!?

parisvol4_2.jpg


7区界隈を練り歩きながら、チラホラ姿を見せるエッフェル塔…乙女心をくすぐります。

parisvol4_3.jpg
色々な雑貨屋さんやパン屋さんが立ち並ぶ通りを進んで行くと、見えてきたのがMichel Chaudun 。
日本にもよく出店されているので皆さんもご存じなのではないでしょうか。
プレゼント用のプチバッグがとてもかわいくて、参考に購入!
ショコラ3個入りです。
バレンタインの義理チョコ用に販売したい感じです。

続いて見つけたのは、Lemoine Cannle 。
フランスに来て初めてカヌレを発見!
しかもお店の名前もカヌレってことは、かなりのカヌレ好きと思われます。しかし店内に足を踏み入れてみると・・・
parisvol4_4.jpgショーケースいっぱいの動物ショコラ!エッフェル塔のチョコもあります。
マジパンなどを駆使した飾りなども一つ一つ丁寧で、表情もよくどれも繊細な仕上がりです。

そんな中にきれいに並べられたカヌレ達♪可愛いんですよ?
ミニカヌレもあります。ひとつお味見…

うん♪美味しい。まわりがカリッとして中はふんわりです。
香ばしくて、日本のとは随分印象が違います。
店員さんは日本人の方で、カヌレは焼くのも難しくて、ひとつひとつあがりも違うとおっしゃってました。
オーナーのマダムがカヌレお好きらしいです。やっぱり!
parisvol4_5.jpg

せっかくなので、型を購入。なんとレシピも下さいました。
日本に帰ってアルションのシェフパティシエ 垣本 に、なんとしても作ってもらわなければなりません。
店頭に並んだあかつきには是非一度お試し下さいませ♪

どれもこれもに感激しながら、一つだけ気になる商品をYさんが発見。
店員さんに聞くところによると、「ココナッツ好きにはたまらない」一品だそうです。
2?3回聞きましたが、その返答しか返ってこないので、なんだか試されてるようで、これも購入することに決定です。この衝撃のお菓子は後ほどご紹介します。

お次はまたまたショコラのお店、 Jean Paul Hevinへ。
店構えも店内も全部が緑色でとても不思議な空間です。
よそのショコラティエとは一味違います。
でも、ここのショコラショーは美味しいと評判なので、うちのスタッフのお土産に買ってかえることにします!

さて、いままで買いこんできたものを、景色抜群の公園で頂きましょう!天気もいいし、ケーキがすすむよ♪
わっ♪なんて素敵な公園☆遊びに来てる人達は、気ままにくつろいでます。
優雅な気分で試食開始です。 …早速、問題の「ココナッツ好きには たまらない一品」とやらを。だって、気になりますよね!
parisvol4_6.jpg
大きさは、直径7センチ高さ8センチくらいの、かなりの大物です。
まわりは全体ココナッツにおおわれてます。
中はなんだろか?ということで、外側をはがして食べてみます。
「わっ!すご?い♪まわり全部ココナッツやで、これ。」
「中は白い…けど、なんやろ?パン生地かな?ちょっとたべてみて」
「あれ?まだココナッツやで。」
「うそや? そんな訳ないやん。もっと下の方は?」
「…下もココナッツ」「マジで? これココナッツ爆弾やん!!!」

…しょうもない寸劇をお聞かせして申し訳ございません。
みんなの声のトーンが下がっていくのが伝わったでしょうか?

全部がココナッツのかたまりというありえない展開に、私達も
コントのようなやりとりしか出来なかったのです…そりゃ、ココナッツ好きにはたまらん一品ですよ。

この店だけかと思ったら最終日にもあるパン屋さんで見かけました。
フランスの方は、結構ココナッツお好きなんですね。もちろん、これは603号室へお土産でしょう♪
部門長もココナッツ好きやったかも!!持ってかえろ?♪

エッフェル塔公園近辺で販売用のポストカードを買い、最後にGateaux et pain というお店に行けば今日のスケジュールは終了。
あとはホテルに戻ってディナーに出発です。
そ・の・ま・え・に♪やっぱり603号室で撮影会です!ちゃんと紙敷いて♪きちんとレイアウトも考えて♪(でもバケットは割る。ベッドの上)
あ。ケーキ、寄っちゃってる…ちゃんと持ってかえるのって、難しいですね?

うん♪美味しい☆店内も高級パティスリーでとてもモダンな感じやったし、味もお上品だね?…なんていいながら試食していたら、扉をドンドンとたたく音が!
「おかえりぃ♪」の声にドアを開ければ、K部門長。
「ただいま?…やっぱり」と1日で、既につっこむ事を諦めてしまった部屋の主の返答が。
何か言われる前に差し出そう!
「…部門長、ココナッツ好きですよね♪」

さぁ、今日のディナーはなんだろう!
Mon Vieil Ami。ふむふむ。
Mon Vieil Ami
ここはビストロの井上店長がフランス研修に行った時に「野菜が主役をコンセプトとした」とホームページで紹介していた例の店だな。

フランスは本当に野菜やフルーツが甘くて美味しいんですよ!
今日は19時とディナー予約の時間も早いので、帰りに絶対郵便局へ行ってポストカード出さなくちゃ!!
店内はとても綺麗で、ギャルソンの身のこなしもスマートです。
これは部門長の前菜。本当に野菜たっぷり!
温野菜のサラダ♪
「やっぱ人間、野菜やで!」と、大変気に入ったご様子で
「イタリアン事業部、名前変えるわ。ベジタリアン事業部」
この瞬間、かめいあんじゅが新しい未来への第1歩を踏み出しました!

parisvol4_1.jpg
次の料理は、2人でシェアする子豚ちゃんの煮込みです。
子豚ちゃん、丸々1匹入ってると思われます。
2人分というより6人分位はありそうです。
部門長は「ベジタリアン事業部終了」って言ってました。
とりあえず先程の第1歩は元に戻してください。
 
帰りはパリのゼロ地点に立ちノートルダム寺院を見上げ、素晴らしい彫刻に胸打たれて、歴史を感じながらホテルへと歩きました。

さて、ホテルに帰って重たいおなかを持ち上げたら郵便局へ出発です☆
今回は3店舗で487名のお客様へお送りさせて頂きました。
なんといっても問題は、「こんな真夜中に局員の方へきちんと意図が伝わるのか」という事です。緊張します。列の最後に並び順番を待ちます。
その間、フランス語旅会話本を凝視し言葉を覚えます。
3人の沈黙の中、順番がやってきました。
「エクスキュゼ モワ ムッシュ。日本に葉書を送りたいのですが…」
「何枚?」
「487枚」
「パルドン?」
「487枚」
「パルドン?」…紙に書いた数字を見せる。
局員さんの顔は明らかに、マジで?!って顔してました。
そして笑顔で切手を487枚くれる。そうか、やっぱり切手を自分で貼るんだね。
もっかい来ないといけないね。
切手、朝貼ろうか、603号室で。同室のK野くん、部門長に切手貼り手伝ってって、言っといてね♪
ベッドに倒れこみ、あぁ、エッフェル塔ってやっぱパリの象徴なんやなぁ…とか言いながら2人眠りに落ちました。

parisvol4_7.jpg


parisvol4_8.jpg