エッフェル塔に向かって走れ!?603号室は憩いの場

parisvol2_0.jpg
噴水を後にして、パティスリーとサロンドテを1件ずつまわり、やっと5件。

この日は初日で不安材料たっぷりだったため、私達の旅先案内人として安部さんに同行を依頼しておりました。

「14:30にChristian Constant の前で待ち合わせ♪」

…なぁんて、パリジェンヌ気取りで約束したものの、時間も差し迫り、暑さとプレッシャーと濃厚ショコラで若干精神的にもやられ気味な私達が、なんとか現地に到着したのが14:40…。

店頭で待って下さっている安部さんが、天使のように見えました☆☆☆

暑かったので早速お店に入って少し休憩…

でたっ!ショコラタルト!!!parisvol2_3.jpg


そうなんです。ここは、ショコラが人気のお店。優しそうなマダムが親切に、「うちのスペシャリテはショコラタルトです。これはカカオ分が80%でしっかりショコラの味がしますよ♪」
みたいなことを、教えて下さいました。

サロンに移動して、メニューを見る…。
(たしか私の資料では、ここではショコラショーを飲まなければならないことになっていたはず。しかもシナモンの効いたスパイシーなやつ。)
…みんなでメニューを睨んだまま、無言の会議が始まる。

ここは一つ心を決めて、よし!頼もう!!「ショコラショーを!! ・・・5人で一つ、 シルブプレ!!」

すみません。
いくら根性あるとはいえ、一人一つは頼めませんでした。
この他、もう1品お薦めのジャスミン風味ショコラムースを頼んでいたもんで…↓

parisvol2_4.jpgparisvol2_5.jpg

とことんマダムはいい人で、カタコトの東洋人に、ボンボンショコラを、5?6個サービスして下さいました。
ケーキもショコラショーも大変美味だったのですが、体内の血糖値とカロリーがそろそろMAXを迎えていたので、サービスのボンボンは603号室に持って帰ることにしました。
K部門長、待っててくださいね?。

結局休憩というか、さらなる糖分を蓄えて、残りのお店に向います。
本日残すはあと1件☆
しかし、今日は初日から予定が大幅にずれ込んで、3件くらい行ってない店があったので、安部さんに近くにあるお店を教えて頂きながら、なんとか全部で8件まわることが出来ました!

そして最後に、仕入れた商品をホテルに持って帰って試食会です。

いざ憩いの場、603号室へ!

…しかしベッドの主、K部門長はまだ外出中。不在のヒトの部屋で試食するのはどうかと思ったのですが、結局こんな事になってしまいました。下の写真はK部門長のベッドの上です。

parisvol2_6.jpg


バケットなんか、半分に折られちゃってます。
一応気を使って、下に紙敷いてたんですけど…キッシュとかやっぱ油多くて、アレですよね?。

そうこう言ってる間に、クレープリー班と主のご帰還です。
笑顔で「おかえり?!」と言ってみたものの、帰ってきた言葉は「なんでやねんっ!!!」でした。

素晴らしい、大阪のコミュニケーション。これで全てが伝わりますよね。

早速、部門長にお土産をささげます。
Pierre Hermeの美味しいサブレとベッドの上に広がっているパンと、優しいマダムがくれたボンボンショコラ…
あれ?5?6個あったはずなのに1個になってる…
なんとなく予想はついてると思いますが、いわゆる「暑さ」で彼らは合体したものと思われます。
いろいろ怒られながら結局喜んで頂けたのは、サブレのみでした。
かなしい。
製菓事業部の威信にかけて、いつかきっと喜んでくれる物を・・・。

さて、おなかいっぱいのまま(きちんと胃腸薬を服用して)みんなでディナーへ出発です!
この日は Le Troque。賑やかでグループで楽しめるお店です。黒板のお薦めメニューを見ながら、結局全種類の料理をオーダーしちゃった東洋8人グループ。

parisvol2_2.jpg
おなか満タンで来た私達の不安は的中します…
見て!スープ大きい!右側の器なんか顔が入りそうです。
女子達は目が点です。





parisvol2_1.jpg
さらにド?ン!
この衝撃的画像を裸眼で見た結果、不覚にも涙を流してしまった私…
人間、糖分を過剰摂取すると感情や体調のコントロールが効かなくなるみたいです。
皆さん、くれぐれもお気をつけください。




parisvol2_7.jpg
さらに、お皿からあふれそうに盛りつけられたお肉料理を食べた後に登場したのが、この「チェリー山盛りデセール」!
フランス人のふところのでかさに、ある意味感動です!


帰りは、おなかが張りすぎてどうやって帰ったのか覚えていません。
散歩しながら帰ったような気がします・・・
そうだ。お客様にパリからお葉書をだすために、郵便局へ行く予定にしてたんだ!
しかし私たちの決意はあっけなく崩れ、カラ元気風に「明日だそう!明日!!」。
やっとこさホテルに着き、ロビーで緊急会議。
議題はもちろん「この満タンのお腹をどうするか」です。
そうです。明日目を覚ませば、無常にも食べ歩きの1日はやってくるのです。
会議の結果、やはり早朝散歩を行うことに決定。
ちゃんと消化しないと、明日の分食べるスペースがもうありません。

重たい体をなんとか部屋まで運んで、今日のレポート書いてしまおうと意気込んだものの、5行で思考回路停止。(このレポート、帰国時も5行のままでした)
同室のYさんと翌日のスケジュールを確認して、やっとおやすみなさいです。