’09 再び!フランスにどっぷり浸かるのだ!! その2

013.jpg

9月8日

全員自己紹介を無事に終え、つたない英語で私達のジャパニーズお土産を渡したところでじゅんこさんが登場してくれました。
あぁ?なんとジャストタイミング。さすがです。

お忙しい中、お会いする時間を取って頂いたお礼を言い、オリビエさんのブレンドした紅茶をみんなで堪能します。
George Cannonでは好きな紅茶をメニューからだけでなく、入口にある紅茶棚からも選ぶことができます。たっぷり時間をかけて気に入った香りを探すのも楽しみの一つ。
014.jpg

9月からサロン法善寺に異動したしゅうさく君は紅茶の猛勉強中。せっかくブレンダーと直接お話しする機会があるのだから、色々お聞きすることがあるでしょう!
ケーキとのマリアージュや香りの組み合わせ、ネーミングはイメージが大事・・・ふむふむ。聞けば聞くほどオリビエさんの紅茶への想いは熱く、そして彼は天然の素材の香りをとても大切にする方。
だから、アルションの紅茶はとても優しい味わいになるのです。

そしてやっぱりケーキにはしっかり手を出してしまう・・・
そう、紅茶とケーキのマリアージュ実体験です!!

015.jpg

ずっしり重い鉄瓶で淹れられた紅茶は冷めることなく、みんなでお話ししている間もとても美味しく頂くことができました。
地下には畳の茶室やマッサージルームなどもあり、紅茶と癒しのライフスタイルをこのお店で感じることができます!!店内をくまなく見学させてもらい、あとの店舗視察の事をすっかり忘れてしまうくらい、かなりゆったりとくつろいでしまいました。違う種類の紅茶をオンコールしてしまうほど・・・充分に茶の世界を満喫し、他の気になる紅茶も購入しました。

016.jpg
オリビエさんに「また日本にいらっしゃる時は是非お会いしましょうね!!」とお伝えし、日本の台風はパリの癒し空間をあとにしました。

オリビエさん、George Cannon のスタッフの皆さん、こんな賑やかな私たちを素敵な笑顔でもてなしてくれて本当にありがとうございます。
紅茶に対する熱い想いは私達あんじゅのスタッフにもしっかりと伝え、さらには日本の
お客様へと広めていけるように頑張ります!!!
そして私達のタイトなスケジュールに無理を承知でアポを取ってくださったトモコさん。
私達、彼らにお会いできて本当に素晴らしい研修ができました。
ありがとうございます!!!
紅茶いっぱい持って帰りますので、是非ご堪能くださいね♪
また人とのつながりに感動しつつ、さらなるパワーを蓄えて次はお昼ご飯にむかいます!
Breads & Roses パンやケーキも豊富ですがお惣菜がとても美味しいお店です。
天気も良いのでテラスでお食事されてる方もいて、ほのぼのとした空間ですよ。
そして、でてくるpetit dejeunerはやっぱりこんな感じ♪
018.jpg

きのこたっぷりキッシュ 大きさは軽く顔くらい。
タラモサラダ パンは当然大きくはみ出ます。
しゅうさく君のは生ハムがお皿全体に敷き詰めてあり、パンは手に持っているコレです。

017.jpg



パリのみなさぁん☆私もう慣れっこですよ?!
しかも美味しくて、みんなサラッと全部頂いてしまいました。どうも今年のメンバーは胃の鍛え方がちがうようです。
お次はChristophe Rousselというショコラティエ。そういえば過去にはショコラティエでのほろ苦い想い出があります。そう、あの日もこんな暑い日だった・・・お店で頂いたショコラ5個をK氏へのプレゼントにしようと思い603号室に大切に持って帰ったら、暑さで1個の塊になっていた・・・というパリ不思議伝説。
この日も本当に暑かったんですよ。27度くらいはあったと思います。
後の視察がつかえてきたので、603号室に持ち帰り試食です。
はたして、リベンジは成功したのか・・・?


さぁ、どんどん進むぜ!Marie Anne CANTINではトムとジェリーに出てくるあの穴あきチーズを見つけてテンションがあがり、SECCOでは食文化の表現の違いを突きつけられてさらにテンションがあがる。

020.jpg

ニンジンのキッシュ・・・わかりやすい。なかむ?は「すごいですぅ?」と言って思わず飛びついていました。さすが商品開発!どこかのメニューに出てくるのでしょうか。
そしてCarl malretti では、Figaroで1位になったシトロンタルトを頂きました。
アルションのシトロンフロマージュもすっごく美味しいけど、ほどよいレモンの酸味、さくさくシュクレ生地の甘さとほんのり塩加減のバランスが最高!!フランスと日本の違いを舌で感じます。やっとお菓子屋さんらしい発言がでましたね。

021.jpg
あとは明日の朝パンを購入すれば今日の視察は終了です☆
そしてパンの香りを頼りに着いたのは Boulanger de monge。
美味しいバターも購入したし、明日の朝食が楽しみだぁ?♪
クロワッサンもバゲットも抜かりなく入手しましたよ!
気持ちが急いてフライングしてしまう えぃちゃんです・・・
 
022.jpg

結構食べましたけど、気持ちとおなかの整理をつけて後はビストロに向かうのみ!!
時間もあるし2日目にしてメトロも乗りこなして余裕余裕ぅ?

023.jpg


・・・とそこへ遥か彼方日本・天神橋の端っこから「ラクレット焼くやつ買って来て」とのメールが。
「はい!!」と返信しつつも、全員がラクレットの正解を導き出せず、4人がざわつきだす。
「ラクレットってあれやんな、ジャガイモとチーズの・・・」
あまりにもボンヤリしすぎるので恥をしのんで「出来れば画像を・・・」と送ってみる。

届いた画像は、おぉ♪ラクレット!社長、オシャレな物をご存じですね。さすがです。
そんな訳で商品が判明しましたので、じゅんこさんにフランスでも大きな電化製品のお店、ダーティーに連れて行ってもらい、早急にご要望の「ラクレット焼くやつ」を購入。急なミッションでしたが、フランスの電化製品事情が垣間見え、とても楽しかったです。
洗濯機は縦にまわる・・・とか、日本での炊飯器なみにパン焼き器が充実してる・・・とか、一人一客制でしかも親身に相談にのるので数少ない従業員を奪い合い・・・とか!!
そんなことで楽しんでいる間に、ディナーの時間が近づいてきました。
頭も使ったので心なしか、おなかもすいてきたような気がします。
今晩は Le Pre Verre。このビストロも予約でいっぱいです。今料理はボリュームもあるしお肉もしっかり焼いてあり、日本人には美味しく楽しめる味です。デセールもアジアとヨーロッパの食材を上手く組み合わせ、食感や味のバランスを大切にした一品です。
食後には身体に優しいハーブティーを頂きながら、今後のスケジュールを話し合います。
024.jpg
仕事も終わり、帰り道は唯一のパリ観光です。この日はルーブル美術館!…のお庭☆
夜のルーブルはきらびやかで素敵なんです。いつかは優雅に美術館鑑賞したいね?と言いながら、すっかり涼しくなった夜の街を散歩しながら帰りました。

ホテルに着きベッドで寝転びながら、視察店舗の雑貨屋さんの下調べをする私達。
ゆきこ  「この店行きたいって言ってたよね?」
なかむ? 「そうなんですぅ。行けそうですかね」
ゆきこ  「大丈夫やで。しかもこの辺りに何軒か店あるから、まとめてまわろ!」
なかむ? 「・・・・・・・・・・・・・・・・」
えぃちゃん 「独り言ですか?」
いいえ。確かに2秒前まではちゃんと会話してたんです。彼女は疲れて眼鏡を下敷きに
したまま眠りに落ちていました。壊れると次の日からの研修に支障をきたすので、
眼鏡だけはそっと取り出しベッドの上の方に避難させました。
そして眠さと格闘しながら気合でえぃちゃんとお客様にお出しするポストカードに切手を貼りました。私達の想いがアルションファンの皆様に届きますように・・・
さぁ!明日もまた朝早くから603号室で朝食&研修です。

025.jpg